RSS | ATOM | SEARCH
導入をあっさりと

本日小学算国、中3、中1理社。午後に夏期講習、中1・2のターム3。

 

中3英語はprogram5の文法解説。SVOCの構文について。

 

SVOCの記号は用いていないが、目的語、補語という用語は使って説明していく。

 

もちろん目的語、補語といった基本的な文法用語は今までも使っていたので、そこで生徒たちが戸惑うことはない。

 

「目的語=補語」の関係がある場合がほとんどなので、そこに意識が向くように指導していく。

 

意訳するケースもあるのでそこにも触れつつ、例文を解説した後に練習問題へ。

 

今日は複雑な英文は扱わずあっさりと進めたが、シンプルに文を組み立てて理解できればひとまずOKだろう。

 

次回はいわゆる5文型のまとめを簡単にしておきたい。

 

中3数学は2次方程式の解法、今回は因数分解を利用するパターンを扱った。

 

導入からていねいに入っていったので、問題はすいすい解けていた。

 

次回はいろいろな解法をミックスした問題を扱う予定だ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:39
-, -, pookmark
グラフを書いたり読んだり

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

いつもどおり音読して終了。次回は続きで。

 

中2数学は一次関数のグラフを読み取る練習がテーマ。

 

グラフを書くのは前回までたっぷりやってきたので、今日はその逆だ。

 

逆といえども目の付け所は同じ。切片と傾きを読み取るのが基本となる。

 

何題か板書で例題を解説した後はプリントの問題で練習。

 

今の段階としてはだいたいマスターできたと考えていいだろう。

 

次回はワークで今までの復習をするつもりだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark
1学期分の日曜講座はここまで

今日は午前中に面談、その後は除草剤をまいたり雑草を刈ったりして夜に日曜講座というハードな日程だった。

 

そうそう、選挙にも行った。今回は投票所が塾の隣の「緑の王国」内だったのでとても楽だった。

 

日曜講座は国語の作文は休止して英数のみのメニューで実施。

 

英語の単語トレーニングは1学期中に上の級に進められた生徒がいなかったのは残念。2学期以降に期待したい。

 

数学は基本計算トレーニングの総復習から。

 

一度やったものもまだミスが出るし、ちょっとわからないというときに具体的に簡単な数字で確かめるなど、試したり確かめたりという作業をしていない。

 

その後の2次方程式の解法の復習はもうちょっとスムーズに進んでほしかった。

 

2学期以降はテストトレーニングになるが、今の状況だとちょっと心配な点が多い。

 

ともあれ、1学期の日曜講座は終了。

 

次回は9月8日。

 

8月は夏期講習に集中して9月から再開となる。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:09
-, -, pookmark
1学期の復習も入れつつ…

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram5の単語テスト。全員合格にはならなかった。

 

不合格者は次回再テスト。

 

で、前回は数学の時間があまり多くとれなかったため、英語をカットして数学へ。

 

まずは宿題の解き直しから。

 

期末テストが終わった後から、数学は少しずつ1学期の復習を宿題として出している。

 

正負の数と文字の式については数学の勉強の基礎となるので、忘れてしまっては困るからだ。

 

ちょっとずつだが丹念に繰り返す。

 

その積み重ねがやがて実を結ぶはずだ。

 

その後は方程式の解法、前回に引き続き移行を用いて解きすすめる。

 

前回はおっかなびっくりだった生徒たちも、今日は問題をこなしているうちに次第にスムーズに解くことができるようになった。

 

これで次の段階へ進められる。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:39
-, -, pookmark
小学生はいつもと違ったご様子。

本日小学算国、中3、中2理社。

 

小学生はなんだか様子がおかしい日だった。

 

テンションがやけに高い子もいれば、完全にだらけてしまっていた子もいた。

 

全員が落ち着いて勉強に取り組めていない感じ。

 

うちの塾ではかなり珍しい。

 

今日が終業式だったこともあって、おそらく解放感でいっぱいだったのではないか。

 

その解放感の出かたが生徒それぞれだった、ということなのだろう。

 

また来週から仕切り直しだ。なんだかんだいっても小学生。いつでも完璧にこなしきることは難しい。

 

 

 

 

中3英語はprogram5に入って単語チェック。次回から文法解説の予定。

 

中3数学は2次方程式の解の公式を使いこなすのがテーマ。

 

最初に数題例題を解説した後は、ほぼ40分間ひたすら解の公式を使って問題を解き続けた。

 

こういった類いの公式は、使って使って身につけるしかない。

 

次回は因数分解を利用した解法を扱う予定だ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:42
-, -, pookmark
高1の夏

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の文法解説。接続詞のifについて。

 

前回のwhenよりもスムーズに進んだ。

 

whenよりもifのほうが条件を表すということで、ことばのかたまりが見えやすいのも一因だろう。

 

次回は単語テストを実施した後に本文解説に入る。

 

中2数学は一次関数のグラフを書く、特に変域と切片が分数になるものについて扱った。

 

切片が分数になるものに関しては苦戦気味だったが、ひとまずグラフを書く段階は一段落となる。

 

次回はグラフを読み取り式に直すことがテーマとなる。

 

 

 

 

高1生にとっては初めての夏だ。

 

高校受験を経て、解放感のある夏休みとなるはずだ。

 

逆に言うと、高校3年間の中で一番勉強から離れやすい長期休暇となる。

 

私自身が高1生のときの夏休みは心臓手術のために入院していたので、解放感も何も無かった。

 

生きて帰って来られない可能性だってあったわけだし。

 

まあ、美人の看護師さんたちもたくさんいたので、男子高校生にとっては…以下省略。

 

小児病院ということもあって、勉強に取り組むには良い環境とも言えず、特に数学は2学期以降に取り戻すのが大変だった。

 

司馬遼太郎「竜馬がゆく」を読破するなど、できたこともあったのだが。

 

いずれにしても、塾生たちには勉強するペースを崩さずにいてほしいとは思う。

 

 

 

入院生活の終盤から退院後によく聞いていた。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:22
-, -, pookmark
久々に怒った、の巻

本日小学算国、中1、中3理社。

 

中1英語はprogram5の文法解説。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説の予定。

 

中1数学は方程式の解法。

 

前回の続きで等式の性質を利用して解を求めていく。

 

最後は等式の性質のショートカットとして移項について解説して時間いっぱいとなった。

 

移項についてはあまり解説しない指導もよく聞くが、学校では必ず扱うようなので、そこで混乱してもよくないと考えて移項の考え方も教えるようにしている。

 

ただ、大事なのは等式の性質から移項の考え方へつなげることなので、あくまで等式の性質のショートカットのような位置づけで解説を進めている。

 

次回は移項の考え方を使って方程式を解く練習を多めにやりたい。

 

 

 

今日の授業では久々に激しく怒った。

 

だれた態度で授業を受けていて、とてもではないがそのまま流せるような態度ではなかった。

 

おそらくこんな調子で怒られたことはなかったのだろう。みんな表情がこわばってしまっていた。

 

体験授業の生徒もいたので、あまり怖い思いはさせたくなかったのだが…。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:46
-, -, pookmark
解の公式へたどりつく

本日小学算国、中3、中1理社。

 

中3英語はprogram4の単語テスト。

 

単語テストの後はワークの問題演習、教科書音読で終了。

 

次回はprogram5に入る予定だ。

 

中3数学は2次方程式の解法、前回の続きで平方完成を利用しながら問題を解いていき、最後は解の公式の証明までたどりついた。

 

平方完成を利用する問題の中の一題という感じで出したので、最初は解の公式であることを生徒は知らない。手順は一緒なので、この証明を毎年自力でやりきる生徒もいる。

 

残念ながら今年の中3は歯が立たなかった。しかたのない面もあるが、入試で学校選択問題を採用する高校を受験するレベルの生徒にはできてほしかった。

 

この時点でできないとなれば、後は何度も自力でさっとかけるまで繰り返しておくしかないだろう。

 

今回は解の公式を使って解く題数が少なかったので、次回は問題をたっぷりといて解の公式を使いこなせるようにしたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:43
-, -, pookmark
講習2日目、です。

昨日と同じ日程で昨日と同じ日程で夏期講習2日目。

 

振替で午後と夜と続けて勉強した生徒もいて、全体的には長時間の勉強で疲れている感じもあった。

 

まあ仕方がないところもある。

 

ただ、だらけた感じは無かったので、各自がやるべきことに集中できていたのだと思う。

 

昨日の授業で話したことも多くの生徒が実行に移してくれて、参考書で調べたり質問をしたりできるようになってきた。

 

もちろん昨日今日で全て解決することもないのだろうから、勉強への取り組み方は何度でも伝え続けていく。

 

 

 

 

「100回指導しても変わらなかったらだって? もちろん101回目の指導をするさ。ああ、嫌な顔をせず何度だって繰り返すんだ。それがコーチの仕事だろ」

 

とあるサッカー指導者の言葉。

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:38
-, -, pookmark
夏期講習スタート!

暑い夏、とはいかない天候だが、今日から夏期講習がスタートだ。

 

まずは中1・中2の日程から。

 

午後に中1・2のターム1、夜に中1・2のターム2。

 

さっそく午後と夜の両方受講という強者もいた。

 

中1・2の講習は、好きな科目と日程を選べるようにしてあるので、今日参加した生徒もそれぞれ取り組んでいる科目はばらばらだ。さらに同じ講座をとっても生徒の普段の学習状況により、私が個別に課題をアレンジしてある。

 

という形式で、各自が選択したeトレのプリントをもりもり解きすすめた。

 

中2生はチェックペンや参考書など、塾にあるツールをどんどん使って勉強する生徒が増えてきた。中1生はそのあたりがまだ下手だ。

 

今日も生徒たちには話した。

 

ただプリントを解くだけではなく、自分で質問したり調べたりして学習を進めてほしい。そういう勉強ができるようになるから成績が伸びていく。

 

伸びない生徒に限ってなにもしないものだ。

 

質問はしない。教科書や参考書で調べもしない。解き直しもしない。覚えようと繰り返そうともしない。

 

挙げ句の果てに不満しか口にしなくなる。

 

質問できない。教えてくれない。わからない。覚えられない。

 

自分で学ぼうとしないで不満ばかり口にするような、つまらない人間に成り下がらないでほしい。

 

自分の勉強なのだ。

 

自分で自分の学習を進めるために、そして確かなものにするためにどうしたいのか、どうするのか。

 

常に問われているのは自分の行動となる。

 

 

 

 

さあ、夏期講習がスタートした。

 

岡島学習塾の生徒たちが、着実にそして地道に自分の勉強に取り組める講習にしたい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:36
-, -, pookmark