RSS | ATOM | SEARCH
居残り、の巻

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram5のワーク演習。

 

次回は基本文テストを実施してから次の単元に進む。

 

中1数学は今日から方程式。

 

まずは方程式とはなんぞや、というところからスタートし、等式の性質を解説するところまで進めた。

 

次回は等式の性質を使って方程式を解く段階へ進む。

 

 

さて、今日は単語テストの再テストを実施した。

 

前回予告してあったとおり、今日不合格なら居残りとなる。

 

残念ながら3名が居残りとなった。

 

居残りで追試を行っても、最後の1名は合格することができなかった。

 

午後11時を回ってしまったので、さすがにそこまでで終了とした。

 

本人はすぐにスマホを取り出し、お家の方が迎えにくるのを待つ。

 

美香先生が話を聞いていたが、全くやる気のない様子。

 

これでは居残りしても何の意味もない。

 

しばらく前に、英語の居残りは無しにしたのもその点からだ。

 

つまり、居残りをしても、やる気のない生徒は結局単語を覚えることはないし、単語テストが単なる罰になって塾に対して憎しみや恨みしか残らなくなってしまうからだ。

 

生徒に好かれようという気もさらさらないが、憎しみや恨みを抱かれるのはでは意味がない。

 

今日の生徒も、次のテストでまた不合格を繰り返すだろう。

 

迎えに来てもらったお家の方に申し訳ないという気持ちも抱くことはないだろう。

 

はっきり言ってむなしすぎるのだ。

 

こんな思いをするために塾をやっているわけではない。

 

以前なら、合格するまで帰さないと言って、朝まで居残りをさせていたこともある。

 

そうやって「厳しい塾」と主張していた頃もある。

 

今は考えを変えている。そんな「厳しさ」ならいらない。

 

勉強は罰でも何でもないのだ。

 

単語テストなら、1回で合格するように勉強しなければ、結局本人の力になんかならない。

 

この塾は、勉強する生徒のための塾でありたい。やる気があろうとなかろうと、自分がやるべきことはやる。そういう生徒のための塾でありたいと思う。

 

それだけのことだ。ほんとうに。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:33
-, -, pookmark
こだわっていないけど、こだわる

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

うちの塾では小中高ともに、筆記用具の指定はしていない。

 

小学生でもシャープペンシルの生徒もいるし、最近はボールペンで勉強している生徒もいる。

 

どの学年でもそうだが、シャープペンシルを使っている生徒の中には、背中の消しゴムを使って字を消そうとする生徒がいる。

 

それを見つけた瞬間、消しゴムを使うように注意だ。

 

今日の生徒は消しゴムを持っていなかったので、塾の在庫から1つ新品をあげた。

 

シャープペンシルの背中の消しゴムは、最近性能がよくなったものの、メインの消しゴムとして使うにはふさわしくない。

 

消しゴムは消しゴムとしてちゃんとしたものを使わせたい。

 

そのくらいいいじゃないかというかもしれないが、うちの塾ではこだわって指導している。

 

さて小学生、別の生徒はもりもり円の面積を計算していたら、椅子からずり落ちそうな姿勢になっていた。

 

そこで姿勢を正すように注意。

 

勉強するときの生徒の姿勢には、あまりうるさく言わないことにしている。

 

集中していると、少し姿勢が悪くなってしまう生徒もいるからだ。

 

ある程度身体は自由にしておいて、生徒たちが集中しているのは妨げないようにするのがいいと私は考えている。

 

当然、今日のように姿勢が完全に崩れてしまって、いくら集中していると言ってもひどい場合には注意する。

 

そのあたりのさじ加減は生徒それぞれによる。

 

普段からびしっと座っているほうが集中できる生徒もいれば、多少崩れた姿勢のほうがリラックスして集中できる生徒もいる。

 

生徒の姿勢の良さにはこだわらないが、勉強に集中している空間を作ることにはこだわりたいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
-, -, pookmark
今日も講習

本日夏期講習は中1・2のターム1が午後に、ターム2は夜に実施。

 

欠席もなく、順調に日程を消化、と言いたいところだが、まじめに勉強に取り組まない生徒がいて非常に残念だ。

 

昨日あたりからその兆候はあったが、今日はもう最初の時間からだらだらしていて問題を解いている時間はほとんどない。

 

落書きをしたり居眠りをしたり筆箱などの文房具をガチャガチャいじったり。

 

さすがに見るに見かねて注意は促したが、今度はぼーっとしてしまう。

 

本当に情けない。

 

もりもり勉強して自分のやるべき問題を解きまくる生徒がほとんどで、そうした生徒たちの姿は頼もしく思える。

 

その一方で、こうしたひどい態度を露骨にとれる生徒が教室にいてしまう情けなさを、嫌と言うほど味わった一日になってしまった。

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:35
-, -, pookmark
夏期講習開幕!

今日から夏期講習が始まった。

 

まずは午後にターム1、夜にターム2、それぞれ初日となる。

 

中1も中2も多くの生徒が顔を見せて、もりもり各自のテーマに取り組んでいた。

 

期末テストで好結果だった生徒たちは、自信が芽生えてきたのか力強さが出てきている。

 

この数か月間で、ずいぶんと成長したということでもある。

 

もちろん全員がいいことばかりではない。

 

すでに勉強に集中できなくなっている生徒もいるのも事実だ。

 

大きな差がついていると言っていいだろう。

 

明日も同じ時間帯で今日の続きだ。

 

ということで、私は帰宅して決勝戦に備えます。

 

ビール…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:39
-, -, pookmark
次回から方程式

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram5の本文解説。一気に最後まで解説した。

 

だんだん英文のレベルも上がってくるので(と言ってもやさしいのだが)文法事項をがっちり解説しながら進めていく。

 

単純に意味だけわかれば良いという解説を進めてしまうと、この後が大変になる。

 

一方でこの学年は単語テストの出来が悪い。

 

単語を覚えていなければ、意味だけわかればいいと言うレベルにもたどり着かない。

 

今日返却した単語テストも不合格の生徒の顔ぶれはいつもどおり。

 

何度言ってもわからないようなので、次回再テストで不合格の場合は居残りとすることにした。

 

中1数学は文字の式を終えた。

 

今日は式の意味を考えるというのがテーマ。

 

ここは毎年苦労するのだが、ヒントを小出しにしながらやっているうちになんとかなった感じだ。

 

これで次回から方程式に入ることができる。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:15
-, -, pookmark
解の公式までたどりつく

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram5の単語チェック。

 

次回から文法解説に入る。

 

中3数学は二次方程式、平方完成を利用した解法を解説した。

 

これに関しては、テキストの題数は少なめなので、こちらで問題を追加して解きすすめていく。

 

そして最後は解の公式の証明へ持っていく。

 

平方完成を利用した解法の一題として扱うのだが、最終的にはこれが解の公式の証明となる。

 

入試(学校選択問題だが)には出題済みなので、さっそく昨年は定期テストにも出題されていた。

 

入試問題を何でも定期テストに出せばいいと言うわけでもないが、公式だけ覚えて何とかするレベルからは脱出しなければいけない。

 

中3の数学の授業は、そうしたところも意識して春先から授業を進めている。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark
変化の割合

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の本文解説。

 

次回も続きで。

 

中2数学は変化の割合がテーマ。

 

まずはグラフから読み取らせていく。

 

以前は計算だけやっていたときもあったが、グラフから変化の割合を読み取らせて、変化の割合が一定になっていることを目で見てわかるようにしている。

 

変化の割合が、結局何のことを言っているのかがわからなければならないし、一次関数の場合、その変化の割合が一定だからグラフが直線になるということも理解してもらいたい。

 

単純に傾きと変化の割合が等しいことだけしか知らないというのではさびしすぎる。

 

グラフからだんだん計算して求めるところを増やしていき、最終的には式から対応表を書いて変化の割合が求められるようにした。

 

ここまでで一次関数のグラフとその基本は解説し終えたので、次回はワークの問題を集中的に解く予定でいる。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
-, -, pookmark
なんとか、か

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram5の単語テストを実施。

 

そのあとは前回やれなかった数学の授業にあてて、数学の時間を多くとった。

 

中1数学は等式と不等式について。

 

最初にかなりかみ砕いて等式の作り方を確認したこともあって、ワークの問題もほぼ全員が難なく正解にたどり着いていた。

 

不等式に入って問題文の読み取りに多少苦労していたが、それでもいつもの年よりはしっかりしている。

 

次回は文字の式のラストになる。

 

中1の期末テスト結果、だいぶ判明してきた。

 

平均点が高い学校もあったようで、生徒たちの点数も様々。

 

大きく下げた生徒も数名いたし、今回は塾内平均が400点を超えるのは難しそう。

 

ただ、大半の生徒は点数をきっちりとってきている印象をうけた。

 

まだまだ、中1の1学期だ。

 

点数も順位も団子状態のはずだから、そこまで結果に神経質にならなくとも大丈夫だ。

 

重要視するべきは、勉強への取り組み方。

 

時間のかけ方や、勉強の順序や方法などだ。

 

寝ないで勉強したからいいわけでもないし、むだな作業ばかり繰り返しても効果が上がるわけでもない。

 

良い準備が良い結果を生む。

 

その良い準備の仕方を中1の間に身につけていけば結果がついてくるようになる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:14
-, -, pookmark
話が長いんだよな…

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3は授業をストップし、高校入試の説明をした。

 

塾内の資料をいくつかと、県からの資料も数点配布。

 

昨年に引き続き、お家の方(希望者のみだが)にも参加していただいた。人数は少なかったのはちょっと残念。

 

話の内容自体は生徒向けなので、話がくどく感じられたかも知れない。

 

時間をとったのは入試制度についてで、具体例、シミュレーションを入れながら解説した。

 

このシミュレーションは、よその塾や学校でもやっていないはずで、うちの塾の説明会のひとつのポイントになっていると自負している。ややこしいところもあるのが残念だが。

 

説明は長い話となった。

 

ただ、最後にも言ったとおり、生徒たちは入試制度の評論家になるわけではない。

 

この入試制度のもとで、入試を突破し合格をつかまなければならない。

 

だが、生徒たちにとっては、まだ自分のこととはあまり感じられなくて、そこまで実感がわかなかったかも知れない。

 

まあ、お家の方にとっては、「話なげーなー」と思われたかも知れないが、この時点で知っておいてほしいことを話したつもりだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark
またもや…

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram5の文法解説が終了。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説の予定。

 

で、数学に入ろうと思っていたが、腹に据えかねることもあって長めの説教となった。

 

いつも和やかに授業ができればいいのかも知れないが、年間を通じて考えると、どうしても圧力を強めなければならないタイミングがあって、今日はそういう日だったのだ。

 

定期テストも終わったし、町中は七夕で、遊びに行った生徒もいるし、本当は遊びたかった生徒もいる。

 

何とも言えない良くない雰囲気が教室にあったのだ。

 

岡島学習塾は勉強する場所だ。

 

真面目に努力を積み重ねる場所だ。

 

誰もが自分の成長を願い、願うからには真剣に勉強に向き合い、努力を積み重ねる場所だ。

 

しかし、残念ながら私は魔術師ではないし、特段優れた塾講師ではないので、塾に来ればすぐに成績が上がると保証することはできない。

 

お菓子を食べながら、ジュースを飲みながら、講師と和気藹々と授業を進め、授業中にスマホを見ようがゲームをしようが平気で、宿題も出ないし小テストもないほうが、生徒にとってはいいのかも知れない。

 

そういう塾はこの市内にだっておそらくたくさんあるだろうが、それは私の力では到達できないし、私が良しとする価値観とは相容れない。

 

岡島学習塾には岡島学習塾の価値観がある。

 

いろいろ変化は遂げているが、私が生徒として通っている頃から変わらないものがある。

 

だからこそ、この塾が、生徒自身が努力を積み重ね成長する場所としてふさわしいと考えているのだ。

 

小さな努力を積み重ねてほしい。

 

小さな努力を積み重ねて少しずつ進歩してほしい。

 

その進歩が、やがてその人の成長となって現れる。

 

ある日突然、偶然にやってくる成長のきっかけを待つのではなく、自分から努力してつかみ取ってほしい。

 

その道のりを精一杯生きることを人は充実と呼ぶ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:07
-, -, pookmark