RSS | ATOM | SEARCH
割合でブレーキ

本日中1、高校生。

 

中1英語は単語テストを実施した後、program4に入って単語チェック。

 

ここは複数形も出てくるので、軽く触れておく。今後の授業で詳しく解説する予定だ。

 

中1数学は前回の続きで文字式で数量を表すトレーニング。

 

最初は順調だったが、速さや割合にさしかかったところで急ブレーキだ。

 

速さや割合について、ある程度(完璧でなくても)理解できている生徒が少ない。

 

こうなると文字式で表すのも大変になる。

 

小学生の頃に速さ(小6)や割合(小5)について、きちんと学習しないままになっている生徒が多いのだろう。

 

うちの塾でも以前、小5の生徒に割合の授業をして、初回でほぼ理解、次からの授業で段階を踏んで行けば良い感じでいけるだろうと思っていたら、直後の学校の授業で完全に理解を崩されたこともあった。

 

ただ、今日はもちろん中1の授業だ。

 

割合について多くの時間を割くわけにもいかない。

 

何とかやりくりして進めていくしかないのがきつい。

 

問題も少しやり残しが出てしまったので、次回も続きで進める予定だ。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
comments(0), -, pookmark
波を小さく

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram3の単語テストを実施した後、本文解説の続き。

 

できるだけ詳しく、基本的なことから発展的なことまで解説を入れていく。

 

次回でラスト。

 

中3数学は平方根の乗法。

 

英語の時間が延びたため、あまり時間がとれなかったこともあって、消化不良の感じが残った。

 

次回もういちど計算練習をしてマスターしたい。

 

英語の時間が延びたのは、公立入試の最新情報について話をしたためだ。

 

さらに夏休みの高校見学について、できるだけ数を絞ることも話した。

 

勉強面の注意もしたが、この時点で大事なことは、定期テストが終わってもスイッチを切りかえて受験勉強(うちの塾の場合は日曜講座の課題)を継続することだ。

 

定期テストが終わってペースをがくんと落としてしまうのは得策ではない。

 

気分的にも現実的な勉強量としても、アップダウンの波を小さくしていくことが大事だ。

 

まあ、修学旅行直前の生徒が多いから、気分的にはそっちに向いているのも仕方がないが。

 

ということで、次回火曜日は中3は休講。

 

楽しんできてほしい。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
comments(0), -, pookmark
いつもとは違うようだ。

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の本文解説が終了。

 

次回はワーク演習の予定。

 

中2数学は連立方程式。分数や小数がまじっているものを扱った。

 

今まで順調にできていた生徒の中には、分数・小数が混じっていると極端に解くスピードが落ちてしまう者がいる。スピードが落ちなくてもバツだらけになってしまう生徒もいた。

 

分数・小数の計算が苦手な生徒は一定数いるので、それ自体に驚くことはないのだが、分数・小数が混じった方程式でこれだけ苦戦するのはあまり見ないケースだ。

 

要は分母をはらったり数倍したりすることで整数に直すことができるから、たいていの生徒が解けるようになる。

 

連立方程式のあたりから、どんどん数学に自信を持つ生徒が多くなるのが、うちの塾の場合の通例だった。

 

ちょっと今年はいつものラインからは外れているようだ。

 

教えるこちらとしても慎重に進めている。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:44
comments(0), -, pookmark
それはそれで差がある

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はワークの問題演習。各自もりもり解きすすめていく。

 

次回は単語テストを実施した後にprogram4に入る予定だ。

 

中1数学は前回までの文字式のルールを徹底すべく、繰り返しワークの問題を解いた。

 

そのあとに数量を文字式で表すことに取り組んで終了。

 

次回は続きで文字式と数量の問題を解く。

 

中3理社オプションはテスト直前ということもあり、科目フリーでテスト勉強。

 

やはり中3生、勉強するときの集中力は中1とは比べものにならない。

 

ただ、気になるのは上位陣が、基礎の徹底がおろそかになっている感じなことだ。

 

完璧を目指して難問ばかりにあたりたくなっているようだが、大事なのは揺るがぬ土台を作ることだ。

 

土台づくりが仕上がらぬまま、上へ上へ手を伸ばそうとしても、その手は空を切るばかりになる。

 

普段の勉強でもテスト勉強でも、過信せずに基礎を徹底するべきなのだが…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
comments(0), -, pookmark
ゆっくりからすばやく

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram3の本文解説。

 

次回が定期テスト明けになるので、そこで単語テストを実施する予定でいる。

 

また、本文解説は次回以降続きで進める。

 

中3数学は根号を含む数の表し方、いわゆる簡約化について。

 

まずは考え方をひとつひとつゆっくり解説した後に、生徒たちに問題をもりもり解かせる。

 

いつも言うとおり、計算は速さと正確さの両方が大事だ。

 

この簡約化の作業は、さらに速さを重視する。

 

これもいつも言うことだが、計算は途中式をできるだけ書いて進めていくことが大事。

 

だが、簡約化はできるだけ途中を書かずに、ぱっと答が書けるようにしていくことが必要となる。

 

生徒たちは短い時間でさっとできるようになってきていた。

 

あともう少し反復して、さらにスピードを上げたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:58
comments(0), -, pookmark
なおった。よかった。

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の本文解説。次回でラスト。

 

中2数学は連立方程式の計算問題。次回も続きで。

 

 

 

 

ここのところ、高等部の電気がつかなくなってしまって、かなり困っていた。

 

電気屋さんに見てもらおうと思うと電気がつく。

 

見てもらうタイミングが難しく、電気屋さんに来てもらうことができなかったが、やっと今日見てもらうことができた。

 

その場で電気屋さんが電力会社に電話してくれて、すぐに電力会社の方が来てくれて工事開始。

 

それほど時間もかからず復旧した。

 

高等部の建物は、私が高校生の頃まで住んでいた家を改造・リフォームして何とか使い続けている。結構オンボロだ。

 

だから、大がかりな電気工事が必要かも、おいくら万円かかるかしら、と戦々恐々としていた。

 

また、もう手の施しようがない場合、高等部の自習室をどうすれば良いか何度も考えた。

 

で、ふたを開けてみれば、工事はそれほど大がかりではなく、料金も電気屋さんへ少々の支払いで済んだ。

 

いやもう、ほんとうにほっとしたでございますよ。

 

高校生はどんどん自習室を使っていただきたい。

 

今日も午後3時前には勉強しに来ていた生徒もいた。心置きなく新しいソファーで昼寝してほしい(違)。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
comments(0), -, pookmark
頼りになる

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

次回も続きで。

 

中2数学は連立方程式の解法、今回は代入法について。

 

連立方程式にだいぶ慣れてきたのか、今日はスピードもあって良い。

 

しかも、代入法の問題の中で、毎年多くの生徒のペンが止まる問題も、ほぼ全員がさっとクリア。

 

これはちょっと意外だった。

 

次回は先に進む予定だ。

 

高校生は先日から自習室の電気関係のトラブルで使えないため、自習に来た生徒も高等部の授業に混じって勉強。

 

さらに中3生も自習に来たので、いつもの高等部の授業と違って人が多い。

 

各自もりもり進める中で質問もいくつか。

 

美香先生が対応している時間には、松女の高1生が世界史の勉強のしかたで困っていたところ、熊女の高3生がアドバイスをしっかりしていたらしい。

 

この生徒、先日も熊女の1年生にアドバイスしていたし、たいしたものだ。

 

この松女の1年生もちょっと前には熊高の3年生に数学を教えてもらっていた。

 

学年、学校、さまざまにミックスされた中で塾生どうしで勉強に関するコミュニケーションがとれるようになるのは、昔から高等部の姿として目指していたもののひとつだ。

 

頼りになる高3生が、実現に一役買ってくれていることがうれしい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:05
comments(0), -, pookmark
甘いんだよなあ

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram3のワーク演習。

 

最後にリスニングの問題を1題やってみた。

 

そのあと教科書の音読というメニューで終了。

 

次回はprogram3の基本文テストを実施してから次に進む予定。

 

ただし、前回の単語テストの不合格者は次回再テストだ。

 

ちょっと不合格者が多い。

 

中1数学は文字の式に入った。

 

まずは文字の式のルールから学習開始だ。

 

次回も続きで。

 

さて、中1は定期テスト対策も終盤に入ってきた。

 

やはり中1の最初のテストなので取り組みがものすごく甘い。

 

課題を中途半端にやっている生徒もいれば、忘れてくる生徒もいる。

 

上述した単語テストへの取り組みを見ても、勉強そのものへの意識が低いのだろう。

 

次回は学校のワークの進捗をチェックするが、どうなることやら。

 

何度もテストの対策の重要性を話しているが、あまり響いていないようだ。

 

これは厳しいことになりそうだ…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:12
comments(0), -, pookmark
手応えあった

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram3の文法解説。疑問詞+to〜について。

 

この単元は、昨年解説プリントを改良してあったが、今回は解説そのもの、つまり話の進め方を変えてみた。

 

今年度から教室内に大画面のモニターを入れてあるので、それも変化の要因のひとつだ。

 

問題を解く様子をみていても、今回の変更はうまくいった手応えがあった。

 

中3数学は有理数と無理数について。

 

数学も解説の進め方を切りかえた。ごっそり説明の順番を入れかえた感じだ。

 

こちらは解説の手応えはあったが、ちょっと時間配分をミスして最後が慌ただしくなってしまった。

 

次回からは平方根の計算に入っていく。

 

 

 

 

たまたま英語も数学も解説の仕方を変更したが、その変更を考えたタイミングはそれぞれ違う。

 

今回の英語の場合は、授業の準備の段階で考え抜いて実際に授業に活かしていった。

 

数学の場合は、今回、授業に入って、さあ解説を始めようというタイミングで思いつき、さっと授業に持ち込んだ感じだ。

 

どちらのケースも、生徒の表情を見ることを忘れてはいけない。

 

授業準備の段階で考えに考えて、いざ授業となったときに生徒の表情を見つつ、さらに変化させることもあれば、逆に準備したプランをぱっと手放して実行に移さないこともある。

 

思いついた、そのアイデアをさっと授業に持ち込むことができるかどうかも生徒の表情を見ているから思いつく。もちろん思いついたアイデアを授業に活かさないことだってある。

 

こうした変化のいろいろは、定型化されたものではないから、理論としてああだこうだ言えるわけではない。

 

そして、今日のように手応えを感じられることばかりではない。

 

失敗も多い。

 

ただ、失敗は挑戦から生まれるし、失敗する経験も成功する経験と同じように自分の成長を促すものとなる。

 

挑戦しない限り、失敗も成功も手応えとして自分の中に息づくことはない。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
comments(0), -, pookmark
苦戦すると思っていたが

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の文法解説。接続詞のthatについて。

 

ちょっと苦戦するかなと授業前は思っていたが、実際にはあまり苦戦せず、例年どおりのレベルまでは話すことができた。

 

次回はprogram3の単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中2数学は加減法その2。

 

要は係数をそろえてから式を足したり引いたりするのがテーマだ。

 

前回の段階では、今日の内容はかなり苦戦すると思っていたが、なんとかクリア。

 

かえって前回よりもスムーズに解けていた。

 

途中の書き方も、きちんとしてきているし、これで一段落だ。

 

次回は代入法について。

 

高校生は高3生が1名欠席で後は全員出席。今年の高校生は出席率が高いので指導がやりやすい。

 

で、心配なのは最近入った高3生。

 

思っていたよりも基本ができていない。

 

苦戦するとは思っていたが…。

 

学習メニューを再考しなければならないかもしれない。いや、したほうがいいだろうな。

 

うー。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
comments(0), -, pookmark