RSS | ATOM | SEARCH
いれかわりたちかわり

本日中1、高校生。

 

定期テスト対策勉強会は朝8時40分に第一陣がスタートした。

 

中学校の土曜授業があったり、時間変更で勉強したいという生徒がいたりして、なんだかいれかわりたちかわり生徒がやってきて勉強に取り組んでいた。

 

途中教室が満席になりそうだったのは想定外でちょっと心配したが、何とか乗り切った。

 

中2男子の数名はスタートから最後(午後9時40分)までずっといて、かなり勉強がはかどったようだ。

 

一方で初めて定期テストに臨む中1生は、まだ緊張感があまりなく、全体的に取り組みが緩い感じもした。夜の平常授業でもワークチェックをしたが持ってこない生徒もいたくらいだ。

 

さて、明日も定期テスト対策は今日とほぼ同じ日程だ。夜7時スタートの時間帯だけ変更がある。

 

今日のように自習に来たり質問に来たりして、がっちり勉強してほしい。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:52
-, -, pookmark
ワークチェックの日、の巻

本日小学算国、中2、高校生。

 

木曜日の小学生は人数が少ない日だったのだが、いつの間にやら他の曜日と変わらないくらいの人数になってきた。

 

それでも、高学年が多いのもあって雰囲気は落ち着いている。

 

ドタバタするよりはいいのかもしれない。小学生はパワーがあるからね。

 

中2英語はprogram5の本文解説。次回でラスト。

 

中2数学は一次関数のグラフについて。ここまでのおさらいとグラフの読み取りがテーマだ。

 

グラフを書くことについては、ほとんどの生徒が手際よく書けるようになってきた。

 

グラフの読み取りはそれほど苦にしないようだ。

 

あとは次回、変化の割合について学習すれば第一段階はひと区切りとなるはずだ。

 

 

 

定期テスト対策としては学校のワークのチェック日だった。

 

前回きつく怒ったのもあってか、全員がきちんと学校のワークを持ってきた。

 

仕上がりはまちまちだが、それでもだいぶ片付いている感じ。

 

あとは復習、解き直しをして仕上げていってほしい。

 

復習、解き直しは学校の評価とは全く関係ないところで、自分の努力でどこまでできるかが重要だ。

 

ただまとめるだけとか写すだけでは何の効果もない。

 

テストの結果に結びつくように、というポイントから考えてやるべきことを考えてほしい。

 

繰り返し練習をして暗記するべきか、解き直しをして解き方をマスターするべきか、ノートなどには表現できないが音読をしておくべきか、どうすれば良いのかを考えて取り組むのだ。

 

きれいなノートが見たいわけではない。芸術点を競っているのではないのだから。

 

丸がそろっているノートが見たいわけではない。完璧な丸ばかりの勉強はありえない。

 

見たいのは、生徒自身がどうやってできないところをできるように努力したのかということなのだ。

 

テストの準備として、生徒自身が自分なりに考え抜いて、あがいて、結果を残そうと努力する姿が見たいと思っている。

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
-, -, pookmark
緊張する箇所の解説

本日小学算国、中1、中3理社。

 

中1英語はprogram5の文法解説が終了。

 

今日は場所を表す表現、存在を示すbe動詞、場所を尋ねる疑問詞と盛りだくさんの内容で、なかなか濃い授業となった。

 

しかも解説中に新たな教え方がぱっと頭に浮かんで、なかなかうまくはまってくれた。

 

以前にも書いた気がするが、こういうのは年に数回ある。

 

おそらくどんな教師・講師でもそうだと思うが、教え方というのはいつまでたっても完成しないパズルのようなもので、ときどきぱちんとはまるピースが思いもよらないところから手に入ることがあるのだ。

 

もしも自分の教え方は完成していて不動のものだという教師がいたら見てみたいものだ。

 

おそらく私自身の教え方は常に変化し続けるはずだ。

 

次回はprogram5の単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中1数学は等式の性質を利用した方程式の解き方について。

 

ここは教えるときに緊張する箇所のひとつだ。

 

どの科目にも教えるときに緊張する箇所はあって、そういうところはたいていその科目の学習を考えたとき、かなり重要なところであることが多い。

 

今日の等式の性質を利用した方程式の解き方という箇所は、ここで生徒たちがつまずくと方程式を解くということがどういうことなのかわからないまま方程式を解くことになってしまうところだ。

 

注意深く、ひとつひとつ解説を進めていく。

 

今年の中1クラスは、よく頭を使って考えてくれて、こちらが思っていた以上にしっかりと手を動かし方程式を解くことができていた。

 

もちろんスピードはまだまだ。それでも、ゆっくりやってできないことは、当然速くやってもできないわけで、ここからトレーニングを積んでさっとできるようにすれば良い。

 

むしろ今日はスピードを落として、じっくりゆっくりフォームを確認しながら解いた感じだ。

 

ここがうまく乗り越えられたクラスは、たいていめきめき力が伸びてく。

 

今日感じた手応えは必ず生徒たちの学力の伸びとして目の前に現れてくれるはずだ。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:59
-, -, pookmark
平方根を終えた

本日小学算国、中3。

 

小学生は7月に入って新しく生徒が入塾した。算数の最初は苦手なところがあるかどうかチェックしていく。

 

各自自分のペースで解かせているが、早めに苦手克服メニューに入れそうだ。もちろん苦手はたくさんありそうではある。

 

中3英語はprogram4の本文解説が終了。

 

次回は単語テストを実施してアフターリーディングのページを扱ってひと区切りになるだろう。

 

中3数学は平方根の単元のラスト。次回から2次方程式に入る。

 

思えば平方根の授業の最初の数回は、YouTubeでの解説授業だった。何だかかなり以前のことのようにも思える。

 

今年の中3生にとっては、動画がまだアップされて残っているので、何回も見直すことができるのは良かったのかもしれない。

 

今日は体験の生徒も来ていたが、そういう生徒も動画授業で遅れをいくらかはカバーできるはずだ。

 

いつもの年ならそんなことはできないのだが。

 

今日の授業の最後には、最新の入試情報についても話しておいた。生徒に見せたウェブページもおそらく役に立ってくれると思う。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:06
-, -, pookmark
宿題忘れ多し

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

久々だし、本文解説が初めての生徒もいるので、進め方からもういちど話して解説した。

 

次回も続きで。

 

中2数学は一次関数のグラフで変域のあるものについて。

 

数学の宿題を忘れる生徒が多く、授業も集中していない生徒もいて、ここでさすがに怒りのスイッチが入り、最後にかなりきつく怒った。

 

中学校の休校期間から、この中2クラスには完全に緩みきった生徒が数人いて、その緩みは継続したまま。

 

数回前の授業でも注意を促す話はしたつもりだったが、聞く耳を持っていない生徒がいるようだ。

 

いつも言うが、岡島学習塾は勉強する生徒が集まる場所だ。

 

やる気があるかないかの話ではない。勉強するかどうかの話だ。

 

言い訳はいろいろあるだろう。

 

しかし、どんな言い訳であっても勉強しないことが許されるわけでもない。岡島学習塾はそういう塾だ。

 

嫌なら宿題のない、たのしくわかりやすい授業をする塾へ移るべきだ。

 

現に今の中3クラスはそうやって続々と別の塾へ去って行った。

 

それでいい。

 

今年の中2クラスもそうやって勉強する生徒が気持ちよく過ごせる場所になったほうがいい。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:07
-, -, pookmark
7月の日曜講座は変則で

今日は川本中対象の定期テスト対策と、夜に中3日曜講座。

 

この夜の時間帯はテスト対策と日曜講座を並行して実施した。

 

内容、時間割もいつもとは少し変えざるをえない。

 

7月中の日曜講座は12日、19日と予定しているが、いずれも今日と同様、変則的な態勢で行う。

 

しかしまあ、塾に来ても消しゴムのカスと手悪さで時間の大半を過ごしてしまう生徒のやる気のなさといったら…。

 

おそらく本人に聞けば「やっています」「やる気はあります」と答えるはず。

 

だが、その「やっている」のレベルが、成績を伸ばす生徒とは違っていることに気付かないのだろう。

 

苦しくなればすぐに逃げる、やるべき時には集中できていない、そうしたことを積み重ねた結果が今の姿なのだ。

 

勉強している「ふり」だけがうまくなってもしかたがない。

 

それは時間の無駄でしかない。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:18
-, -, pookmark
質問多め、か

本日中1、高校生。午後からは川本中対象の定期テスト対策も実施した。

 

高校生は朝から自習に来ていた生徒もいたし、中3生も夜に自習していた。

 

そんな今日は質問も多めの日。

 

高校生も中1生も授業中に質問があったし、自宅で勉強している中3生からはLINEで質問があり、わからない問題の画像を送信してきてくれた。

 

質問があるということは、それだけ自分の頭で考え勉強に取り組んでいる証拠でもある。

 

質問が全くない生徒というのは、その時点での成績が良くてもどこかで行き詰まる傾向がある。

 

去年の中3生などはその傾向が顕著だった。

 

うちの塾は質問ができる時間をなるべく多くとろうと考えている。

 

それでも質問しない生徒はいるし、ひどいケースだと「質問すると怒られる」と親に嘘をついている生徒もいた。(もちろんその後退塾した。他にもいろいろ問題があったのも理由だ)

 

一方で、今日のテスト対策中の生徒たちの勉強姿勢のように、自分で参考書や教科書で調べることも大事だ。

 

自分で何とかしようとあがいてみることも時には必要だし、自分一人で解決できないことは質問して塾の先生の力を借りるのも重要となる。

 

そういう意味では今日の生徒たちは、ずいぶんとしっかり勉強に取り組んでいる姿を見せてくれたのかもしれない。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
-, -, pookmark
歯がゆい感

本日小学算国、中3、中2理社。

 

中3英語はprogram4の本文解説の続き。

 

中3数学は平方根で、式の値の計算。

 

定期テスト対策もひとつの中学を除いて最終段階に入り、学校ワークの進捗を次回以降チェックしていく。

 

そんな時期でもあるのだが、中3クラスの現状はやや停滞気味だ。

 

宿題忘れもいる、漢字テストのできも芳しくない、授業中も集中していない生徒もいる。

 

さすがに今日は生徒たちに話をした。

 

昨年度のひどい状態から見れば、回復途上にあるのかもしれない。

 

それでも、ここのところの雰囲気は、こちらから見ていて非常に歯がゆいものを感じる。

 

今日話したから、すぐに雰囲気が変わるということもないだろうが、自分自身がやるべきことに対してもっと自覚的になってほしい。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:51
-, -, pookmark
グラフを書く、の巻

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の文法解説。接続詞ifについて。

 

前回の接続詞whenに引き続きだったためか、スムーズに進めることができた。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中2数学は一次関数のグラフを書くのがテーマ。

 

前回ゆっくり解説したものを、自力で書いていく時間とした。

 

早く終わったら、同じプリントをもう一回繰り返すか発展問題のプリントにチャレンジするか選ばせたら、驚いたことに(失礼!)発展のプリントをほしがる生徒が多かった。

 

まあ、そのぶん苦戦していたが…。

 

 

 

 

今日は中3生も自習に来ていたが、全体的に定期テスト前の雰囲気としてはちょっと緩い感じがしている。中1はまだ小学生気分も残っているのかもしれない。

 

無理に引き締める必要もないとは思っているが、あともう少し様子を見たい。

 

範囲も思っていたよりも広い中学校・学年が多い。

 

継続的な準備と、念入りな対策が求められる。

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
-, -, pookmark
もっときちんと土台を

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram4の本文解説の続き。

 

一文ごとに文法的に詳しく解説をしていく。

 

ただ、今年の中3は文法の土台が固まっていない生徒も多く、説明しても理解できたかどうかの反応が鈍い生徒もいる。

 

このあと控える夏期講習などを通じて土台を固めていく必要がある。

 

一文一文、なんとなく意味を取るのではなく、きちんと文法的に構造をとらえたうえで読めるようにしていかなければ、最終的に長文を読んで理解できるところまではたどり着かない。

 

永遠に「なんとなく」の世界で終わってしまう。

 

こちらとしてもきちんとした解説を続けて、生徒の理解を促していきたい。

 

中3数学は平方根の計算、前回の続きをひたすら繰り返す。

 

その間に宿題の質問やテスト対策で出しておいた確率の問題の質問にも答えて解説。

 

確率の質問はもうちょっと多く出るかなと思っていたが、それほど多くなかったのは良かったのか悪かったのか。

 

プリントの中身を見るとやはりもうちょっと質問してくれても良かったのかなとも感じる。

 

今回の定期テストでは確率の単元も含まれる学校がほとんどだ。

 

そういう意味でも土台を固めるための課題だったのだが…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:52
-, -, pookmark