RSS | ATOM | SEARCH
今日も中1生は自習に来たよ

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はワークの問題演習。関係代名詞と分詞の形容詞的用法のまとめのページに絞って取り組ませた。

 

あとはテスト範囲にあたる箇所を音読して終了。

 

次回はワークの問題演習かプリント問題演習かちょっと迷っている。

 

中3数学は円の性質を利用した証明について。

 

これで円周角の単元を終えた。次回から三平方の定理に入る。

 

今日も中1生が自習にやってきて勉強していた。

 

勉強の様子を見ていると、取り組み方にやはり差がある。

 

成績が上がる生徒は手が動く。反対に、成績が下位の生徒は手が動かない。

 

問題を解いたあと、覚え直したり調べ直したりするときに、下位の生徒はなかなか手が動かない。見ているだけだ。

 

これでは覚えられる量に差が出てくるし、結局、答案用紙は最後には手で書いて作成するものだ。あやふやな記憶では高得点は望めない。

 

こうしたら良い、ああしたら良い、と勉強法について伝えることはあるが、実践に移してこそ意味がある。

 

まだまだ中1生は勉強に関しては初心者。

 

生半可に得点をとってしまう勉強よりも、地道に力をつける勉強で高得点をとってほしい。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
-, -, pookmark
さっそく

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はほとんど進まずに、今日は数学に時間を割いた。

 

中2数学は直角三角形の合同の証明について。

 

いつもより長く時間をとって、もりもり証明を書いた。

 

生徒たちも、ある程度図に書き込んでいるうちに証明の手がかりを見つけることがうまくなっている。

 

証明そのものを書くのも、あまり止まらずにペンが動くようになってきた。

 

今の段階としては及第点だろう。

 

次回は平行四辺形について。

 

 

 

先週の土曜日に、中1生には自習の話をしたところ、さっそく今日、勉強にやってきた生徒がいた。

 

こういう「打てば響く」といった感じの行動が見られるのはうれしい。話したかいがあったというものだ。

 

中3生も黙々と勉強。

 

高校生に混じって中学生がテスト勉強している教室の雰囲気が好ましく思えた。

 

今週は花園中を除く、ほぼ全ての中学でテスト対策のラストウィークとなる。週末のテスト対策勉強会よりも前倒しでどんどん勉強に取り組んでほしい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:43
-, -, pookmark
比例・反比例終了

本日小学算国、中1、高校生。

 

中1英語はprogram8のあとの小単元のワーク演習。

 

思ったよりもすいすい解いていて、正解数も多かった。

 

次回は単語テストを実施してからprogram9に入る。

 

中1数学は反比例の利用について。

 

一方が2倍、3倍、…、になると、もう一方が1/2、1/3、…、となることを利用して問題を解いていく。

 

こつが飲み込めた生徒は、さっと解けるようになっていたが、なかなか理解できない生徒もいて若干苦戦。

 

比例・反比例の単元、最後の段階でペースダウンしてしまった。

 

次回から平面図形の単元に入る。

 

 

 

ところで、2学期末の定期テストについては、どの中学、学年もテスト範囲を早めに持ってきてくれたので、今日の段階で国語を除いてはテスト範囲の設定をeトレに学習計画として組むことができた。

 

明日は手が空かないが、月曜からは自習に来て希望すれば、来週末を待たずにeトレでテスト範囲の問題演習ができる。

 

週末だけだとテスト範囲がこなしきれないような広い範囲のところもあるし、今週の自習時間をうまく利用してもらえると良いと思う。

 

もちろんeトレではなく、自分のやりたい勉強をするために自習に来るのも良い。

 

必要な勉強量を十分な時間をとってこなしてほしい。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
-, -, pookmark
自習に来る生徒も増えてきた

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram8のワーク演習。

 

そのあとにprogram7と8の本文を音読して終了。

 

次回もほぼ同じメニューとなる予定だ。

 

中3数学は円の接線の作図について。

 

中1の時に学習した接線の作図は、思ったより多くの生徒ができていてひと安心した。

 

そして今日のメインテーマである、円の外部にある点からの接線の作図について解説した。

 

証明問題も1つこなして終了。

 

次回は証明問題がメインとなる。

 

ここ何週間か、金曜日の夜は中2生が自習に来続けている。

 

本来は中2理社オプションの時間なのだが、中2で理社を選択している生徒がいないので教室自体は空いている。その時間に自習に来ているわけだ。

 

もちろん本当は理社オプションの授業をとってほしいのだが、まずは勉強をしっかりしようという前向きな姿勢を認めてあげたい。

 

ただ気になるのは、自習に来ても集中できない生徒がいるということだ。

 

一番遅く来て一番最初に集中が途切れる。

 

勉強している格好だけつけても、効果が上がるわけでもない。

 

うちの塾では、自習に来る生徒の中で、こうした生徒はかなり珍しい。

 

まあ、おそらく家にいればLINEやゲームなどで時間を消費しているのだろうし、とりあえず塾に来ているだけでも違うのかも知れないが…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:51
-, -, pookmark
鼻水の日、の巻

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語は形容詞・副詞の級変化について。

 

比較の文に次回から入るが、その前に級変化について学習しておく。

 

そうすれば、比較級の文や最上級の文の学習の時に英文そのものの解説に集中できるからだ。

 

ということで次回は比較級の文について。

 

中2数学は直角三角形に入った。

 

まずは直角三角形の基本について軽く触れて、そのあとに直角三角形の合同条件を証明した。

 

多少ややこしいところもあるので、こちらでガイドしながらの証明となった。

 

ガイド付きではあっても、こうした証明に取り組みながら学習できるのは今年の中2クラスの良いところだ。

 

証明した後に直角三角形の合同条件について確認し、問題をちょっと解いて終了。

 

次回は直角三角形の合同の証明を学習する。

 

 

 

 

しかしまあ、今日は久々に鼻水が止まらない日だった。

 

年に数回ある、鼻が壊れたように鼻水が出まくる日。こうなると鼻炎薬を飲んでもほとんど効かないのがつらい。

 

ボックスティッシュを教室に持ち込んで、鼻をかんだり拭いたりしながら授業を進めた。

 

やれやれ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
-, -, pookmark
テストの結果くらい覚えておいてほしい…

本日中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram8の後の小単元。

 

まずは単語チェック、そして重要表現についての解説という流れで進めた。

 

集中してメモもたくさんとっている生徒が多かった。

 

生徒たちの態度が良くなってきたというよりも、集中しないで手も動かさない生徒が退塾していなくなったというのが、実のところ一番の要因だ。

 

あまりいい話ではないのだが、集中しているクラスの雰囲気はやはり授業をしているこちらとしても引き締まっていい。

 

一方で今日は定期テストの順位を覚えていない生徒を叱った。

 

自分のテストの点数や順位を覚えていないということは、テストに対する意識が低いということの表れだ。

 

自分自身の強みや弱点も把握できていないということでもあるし、これからどうすればいいのかという課題すら自分の頭の中にないということなのだ。

 

こういう生徒が親主導で冬期講習の講座をいくらたくさんとっても何の意味も無い。

 

自分の勉強という視点が完全に抜け落ちているからだ。

 

叱られた後はふてくされた表情をしていたが、地球が自分中心で回っているのではないことに気付いたほうがいい。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:15
-, -, pookmark
特訓告知、の巻

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram8の基本文テストを実施してからワーク演習。

 

次回もワークの問題演習をもうちょと続ける予定。

 

中3数学は円の性質を利用した作図について。

 

問題の意図をつかんだ後は、きれいに作図ができていた。

 

次回は円の接線について。

 

 

 

英語の授業の最後に特訓の告知をした。

 

入試前日まで続く、毎年恒例の中3入試特訓だ。

 

12月から2月末まで毎日塾にこもって勉強することになる。

 

はっきり言ってかなりきつい。

 

また、この特訓はお家の方による送迎がメインになるので、お家の方とよく話し合って参加するかどうかを決めてほしい。

 

お家の方にとっても、毎日送迎するというのは本当に大変なことだからだ。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:54
-, -, pookmark
日曜講座は最終コーナー

今日は中3の日曜講座。

 

国語・英語はいつもどおり、作文(国語)、語彙力強化(英語)でトレーニングを積む。

 

作文はもう10分という制限時間いっぱいかかる生徒はいなくなったし、減点もかなり減ってきた。

 

このくらいまで来れば、読解問題の時間配分は楽になるはずだ。

 

読解問題そのものの時間配分は、このあと対策を立てていく予定だ。

 

数学は内容的にはいつもどおりのテストトレーニングだが、今回を含めてラスト4回で学校選択問題と標準問題を分けて取り組んでいく。

 

標準問題をとる生徒たちは、いかに大問1と2でミスを減らせるか、そして解ける問題を増やせるか。

 

学校選択問題をとる生徒たちは、一気に増えた計算量にへこたれることなくスピーディーに処理できるかどうか。

 

まずはそのあたりを重点強化策としてトレーニングを積んでいく。

 

受験講座も最終コーナーを回る。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:21
-, -, pookmark
全部出そろわないが…

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram8の基本文テストの後、ワークの問題演習。

 

次回はprogram8と9の間の小単元に入る予定だ。

 

中1数学は比例と反比例の利用。

 

ここは一気に片付けたかったが、以外と時間をとられた。

 

式をたてるのがうまく行かない生徒がちらほら出てきていて、そこでペースダウンしてしまった。

 

授業の進度をちょっと調整して、来週いっぱい時間をかけて比例の単元を終えることにしたい。

 

 

 

中1の定期テストの結果がなかなか全部出そろわない。

 

とはいえ、ここまでのところ、順位を上げた生徒が多いのは良かった。

 

点数を落とした生徒も順位が上がったというケースもある。

 

上位陣は学年順位で一ケタに入った生徒の人数が増えてきた。

 

しかし、こちらから見て勉強量をしっかり確保して結果を出してきたと思える生徒はそれほど多くない。

 

期末テストの準備を開始しているところでもあり、油断無く取り組んでほしい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:52
-, -, pookmark
本文解説終了

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram8の本文解説が終了した。

 

これで塾の授業で扱う教科書内容は全て終了したことになる。

 

当初の予定よりも若干早く終わらせることができた。

 

今後はワークの問題演習、そしてプリントによる文法問題演習で定期テストに向けて準備していく。

 

テストが終われば入試対策を進めることになる。

 

さしあたって次回は基本文テストを実施した後にワークの問題演習としたい。

 

中3数学は円周角の定理の逆の考え方を利用した証明を2本。

 

次回は円の性質を利用した作図に取り組む予定。

 

 

 

ここのところ、毎週金曜日は中2の生徒が数名自習に来ている。

 

自習中の様子を見ていても、成績の差が見て取れる。

 

上位の生徒は参考書などもよく読み、さらにどんどん手が動く。

 

反対に伸び悩む生徒は手が全くと言って良いほど動いていない。ずっと参考書を読んでいるだけだ。

 

挙げ句の果てに集中が切れてしまう生徒もいる。

 

同じ時間机に向かっていても、身につくものが違う。

 

こうした差は思いの外大きく結果の差に影響するものだ。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:42
-, -, pookmark