RSS | ATOM | SEARCH
私立入試前の注意を少しだけ

本日小学算国、中3。

 

中3は私立入試前ラストの授業ということで、入試前の注意点をいくつか話した。

 

この週末の過ごし方、前日の過ごし方、そして当日の過ごし方。

 

とにかく前日まで勉強し続けることが大事で、特に公立入試がメインターゲットなのだから、私立入試がブレーキになっては意味がない。私立入試を経ることで、公立入試に向けて加速する必要がある。

 

次に持ち物。今回は悪天候の心配はなさそうなので、替えの靴下とかタオルとかはあまり必要がなさそうだが、一応話しておいた。

 

受験票と筆記用具と上履きさえ持っていれば、後は受験会場に行くだけだ。

 

試験会場に着いたら座席とトイレの確認をする。

 

休憩時間に答合わせはしない。

 

試験が終わったら、解放感からはしゃいで羽目を外さずに落ち着いて行動して帰宅する。

 

帰宅したらとにかく手洗いとうがい。そしてゆっくり休む。

 

そのほかにも細かいことはいくつか話したが、まあ、この記事で全て書き尽くすことでもないだろう。

 

次回の平常授業が私立入試の日に当たるので、中3生は休講となる。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:43
-, -, pookmark
確率は小道具

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram10の本文解説が終了した。

 

次回はワークの問題演習の予定。

 

中2数学は今日から確率に入った。

 

まずは確率の意味から入って、「同様に確からしい」とか確率の表す数の範囲とか、ほんとうにごく初歩的かつ重要なところを解説した。

 

最終的には図や計算で求めていくことになるが、最初のうちは具体的な「モノ」を実際に用意して操作するところから見せている。

 

今日テキストに出てきたものだと、画鋲、ペットボトルのふた、コイン(手品用の大きなヤツ)、サイコロ。

 

たいした差はないのかも知れないが、小道具を用意することで、ただの数字の操作に意味を持たせたい。

 

次回から段々と小道具は少なくなる、かな。

 

まあ、おまけの話だけど、前の塾長(つまり私の父)は生前、確率の授業でよく使う「○とおり」という表現、「○とうり」といつも書いていた。

 

もちろん表記ミスなのだが、なぜかこれだけは文字通り死ぬまで直らなかった。

 

いや、これ、あまり深刻な話ではなく、今でも「○とおり」と書くとき、つい思い出して笑っちゃいそうになる。

 

保管されている古い「塾のしおり」にもこの間違い表記が見られるのもおもしろい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
-, -, pookmark
表面積…

本日中1。

 

中1英語はprogram10の教科書音読から入り、ワークの問題演習。

 

なかなか良い角度の質問も出た。

 

そのあとおさらいでprogram9と8の本文も音読した。

 

次回はprogram10の基本文テストを実施してから次の単元に入る。

 

中1数学は角柱と円柱の表面積について。

 

ここの基本は図を書き出すことだ。

 

一昔前は展開図を書かせていたが、展開図で苦戦する生徒が続出してしまうので、今は底面と側面をばらばらに書くようにしている。

 

図を書いたら長さを書き込んでいく。

 

長さが書き込めたら、後は計算して面積を求める。

 

ただ、図が書けない生徒もいるし、図が書けても面積の求め方をすっかり忘れている生徒もいる。

 

小学校でやったはずのことがすっかり頭から抜け落ちているのだ。

 

小学生の指導をしていても思うのだが、図形に関係する単元の小学校での指導がかなりおろそかにされている。

 

小学生時代に塾など(うちの塾じゃなかったとしても)で指導されていないと中学生になって太刀打ちできない。

 

計算だけの教室・塾などもあって、そういう教室・塾出身の生徒もやはり図形で苦戦する。

 

なかなか大変なのだ…。表面積の単元で表面積の前で躓いているわけだから…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:05
-, -, pookmark
まだまだ満足できはしない

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はいつもどおりの文法問題演習。各自の進度差が開いてきた。

 

この進度差についてはある程度織り込み済みだ。

 

もちろん、速ければいいのではないし、遅いからダメだというわけでもない。

 

ここから1週間で私立入試をはさんで公立入試に向かうという時期に、ただただペンが止まってしまうことへの危機感はあってほしい。

 

質問もなく、調べることもなく、書いて練習することもなく、それでもいまだに問題を解くだけで勉強ができるようになると思っているのであれば、ほんとうに甘い。

 

中3数学は先日の過去問演習会で全員が苦戦していた規則性の問題について、プリントでの問題演習。

 

例題から練習問題へとステップを上げていく。

 

解説を読んで理解して解き直して、という勉強への取り組みかたも定着していると思いたいが、まだまだ満足いくレベルには達していない。

 

例題の解き方すらまねせずに自滅している状態の生徒もいる。

 

この時期なので、みっちり教え込んでできるようにするというのは手っ取り早い方法なのかも知れないが、むしろこの時期なので自分で読み取ってできるようにしていくプロセスも習得させたい。

 

高校生になっても、その先になっても、自分で学ぶことができる(完全な独学などとは違った意味で)ようになってほしいとも思うのだ。

 

そういった意味では、点数うんぬんの結果をとらえてということではなく、中3生の現状にはまだまだ満足できないでいる。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
-, -, pookmark
地震やら焼き芋やら

中3自習組は今日も午前9時スタート。

 

午前中は特に何事もなく落ち着いて勉強に集中できた。

 

そして午後…。

 

勉強開始して30分くらい経ったところでいきなり地震。結構大きく揺れて生徒たちも驚いていた。

 

生徒が集まっているときの大きな地震はいつも肝を冷やす。

 

そして夕方まで勉強を継続していると…。

 

焼き芋だ!

 

庭の落ち葉の掃除をするときに美香先生が思いついたらしい。

 

たっぷり準備した焼き芋を生徒たちは大喜び(だったよね?)でもぐもぐタイム。高3生たちも食べていたようで良かった。

 

で、その後みんなで庭でしばらく遊んでいた。

 

連休頑張ったご褒美と言ってもいいのかも知れない。遊びに来ていた小さい子たちとも戯れて、よく遊んでストレス発散にもなっただろう。

 

こういうときに時間で縛り付けるほど私も野暮ではない。

 

そのあとは夕食の時間をはさんで午後11時まで。

 

うちの塾では、お楽しみイベントは基本的に実施しない。

 

それでも、勉強しに来続ける生徒たちは、塾での生活の中でいろいろ面白いことに出合っているはず。

 

昔は、冬にはストーブで餅を焼いたり、夏にはカブトムシを捕りに行ったり、イベントがなくてもみんなでいろいろやっていた。

 

毎日塾に集まって、一生懸命勉強しながらも、どこかに楽しみを作っていたものだ。

 

まあ今日のようなことも時々あって、そういった、うちの塾の「らしさ」のようなものはどこかに残っていると思っている。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:29
-, -, pookmark
復習の日

中3自習組は今日も朝9時からスタートで午後11時まで。

 

昨日解いた公立高校の過去問の復習がメインだ。

 

午後には2者面談で答案を細かくチェックした。

 

こうしたところに手間暇をかけることが、この時期は重要だ。過去問を解くのは誰だってできるが、その後どうするかの指導を徹底していく必要が本来あるはずなのだ。

 

明日も午前9時スタート。

 

この連休は学校生活を離れて自分のやるべきことに没頭するには良いチャンスとなる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:52
-, -, pookmark
過去問演習会、1日目

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram10の本文解説。時間の余裕が多少あったので、全部解説することができた。

 

次回はワークの問題演習を中心に進める予定だ。

 

中1数学は回転体について。

 

今年の中1は回転体の図を書くのが何だか楽しそうなのがこちらから見ていて微笑ましい。

 

次回からは表面積や体積を求めるところに入る。

 

 

 

中3は朝9時からスタートで過去問演習会の第1回。

 

集合時間こそずらしてあるものの(時間のロスが大きくなってしまうため)、あとは終了まで時間割を合わせて実施した。

 

もちろん予鈴もきちんと入れる。

 

採点はこちらで全部やる。生徒たちは自己採点をする。その差からまた学ぶものもある。

 

この過去問演習会はうちの塾オリジナルで、基本的によそではまねできないと自負している。いくつかある塾の特別講座のうちでも最重要と言ってもいい。

 

さて、昨年度の過去問を解いてみて、それぞれ思うところはあるはずだ。

 

まずはとにかく復習。

 

この連休中にみっちり復習して鍛え上げてほしい。

 

過去問は解けばいいというものではない。これを材料にして徹底的に鍛えてほしい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:56
-, -, pookmark
英語も数学も前回の継続

本日小学算国、中3。

 

中3英語はいつもどおり文法問題演習を継続。

 

解くペースが全体的に遅いので、おそらくこのまま入試までこの問題集を解きすすめることになるかも知れない。

 

あと少し変化をつけたいが、中途半端に今の問題集を終わらせてしまいたくないとも思う。

 

中3数学は前回のプリントの内容からの発展、継続で等積変形の問題を復習。

 

さすがに上位陣はミスなくさっと処理できるようになっていたが、まだ2点を通る直線の式で手が止まる生徒もいたのは残念。

 

改めてていねいに解き方を板書して解説したので復習しておいてほしい。

 

さて、明日からは過去問演習会。

 

時間割も本番に合わせて実施する。

 

まずは平成30年度の問題にチャレンジする。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:12
-, -, pookmark
図形の単元が終わった

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram10の本文解説。次回も続きで。

 

中2数学は三角形を二等分する直線について。図形と関数の融合問題を扱った。

 

この数回の授業で関数と図形の融合問題をやって、図形だけでなく、一次関数の基本も復習できたのは良かった。

 

これでひとまず図形の単元が終了。

 

今年の中2は証明、融合問題とかなり頑張った。

 

次回から確率に入る。

 

 

 

さてさて、いよいよ学校ではインフルエンザが流行り始めたようだ。

 

塾内では、中3生が入退室の時にアルコール消毒をまめにするようになっている。教室の加湿器もフル稼働の状態だ。

 

とはいえ、インフルエンザは流行り始めるとその勢いは止められない。

 

とにかく各自でケアしてもらうしかないのだが…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:12
-, -, pookmark
理社オプションはなし。

本日中1。

 

中3理社オプションは12月までの授業展開なので、1月と2月は授業がない。

 

もちろん中3自習組はいつもどおり勉強しに来てもりもりやっている。今日はそれ以外の中3生も勉強しに来て質問もしていた。

 

私立単願の生徒の中には極端に勉強量が落ちている生徒もいるのだが、今日勉強しに来た生徒は普段からしっかり取り組んでいる様子が見て取れた。ちょっと安心。

 

中1英語は単語テストを実施。全員合格だったので良かった。毎回再テストが出るというのでは授業ペースにも若干の狂いが生じてしまう。

 

次回は本文解説へ。

 

中1数学は空間内での直線や平面の位置関係について。

 

ここは空間図形に関する感覚によって個人差が大きく出るところだ。

 

今日もそのような個人差が見て取れた。

 

こちらとしては、そうした感覚の差が縮まるように図形の見方を教えているつもりだが、なかなかつかんでくれない生徒もいるのが心苦しい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:35
-, -, pookmark