RSS | ATOM | SEARCH
中1・中2は夏期講習最終日

本日夏期講習は午後に中3の10日目、夜に中1・2のターム9。

 

中1・2は今日が最終日。

 

今年は途中で台風による授業休止、それに伴う振替など、思いもよらぬアクシデントがあったが、最終日を迎えてみると、それでも全体としては順調に日程を消化したと思う。

 

授業内容としても、背伸びしすぎで無理な講座を選択する生徒もいなかったし、それぞれが課題となる分野や得意で伸ばしたい分野を選択していたのは、こちらとしても見ていてストレスをほとんど感じずにいられた。

 

あとは親任せの講座選択が減るといいと思うが、中1の最初くらいだと無理か。

 

いや、でも、できるだけ本人がとりたい講座を選択してほしいとは思う。そのうえで、難しすぎないか、やさしすぎないか、などを親の目でチェックして申し込んでくれると、もっと良い形になるだろう。

 

とにかく、だ。

 

今年の中1、中2はよく頑張ったと言っていい。

 

これが2学期以降の飛躍の土台となることを願う。

 

さて、明日からは平常授業再開だ。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:29
-, -, pookmark
ゆるい再開

本日夏期講習は午後に中3の9日目、夜に中1・2のターム9。

 

中3は昨日の休みまでは毎日塾で勉強する態勢だったが、昨日の休みでリフレッシュしたのだろう。

 

授業の入りが、なんだかほわっとした感じでちょっとやりづらかった(泣)。

 

2コマ目くらいまでは、あまり教室全体の空気の締まり具合があまりよくなかったが、徐々に生徒たちの顔つきも集中している感じになってきた。

 

一日の休息で大きな変化が見えることは、今まであまり経験がないのだけど、もしかしたらこのクラスの生徒たちの正確によるものなのかも知れない。

 

受験生としての勉強は、ここからまだペースアップが必要なのだが、今日のような感触があるということは、ちょっと注意して生徒たちの様子を観察していかなければならないだろう。

 

また、このあとしばらくして、受験直前に特訓などで学習計画を組まなければならない時期にも、勉強量や日程の緩急を慎重に考慮するべきなのかも知れない。

 

そういう点から言えば、今日の緩い再開はちょっと貴重な感触ではあった。

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:37
-, -, pookmark
穏やかな日

本日夏期講習は夜に中1・2のターム8。

 

中3の講習はオフの日なので、日中は塾も静か。

 

もちろん高校生は朝から自習室にこもっているので、これまた静か。

 

夜の中1・2の講習も参加人数が少ない日なので、これまた静か。

 

穏やかな一日となった。

 

明日からは中3の講習、後半戦がスタートする。

 

後半にギアアップするとか、そういう特別なことはない。

 

こういう長丁場の講習だ。特別な日を作らず日々を積み重ねていくことを心がける。

 

きちんと組んだ予定を、一日一日消化していく。

 

その一日ずつの取り組み方、取り組む姿勢が重要なだけだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:26
-, -, pookmark
折り返し地点

本日夏期講習午後に中3の8日目。夜は中1・2のターム8。

 

タイトルにもあるとおり、中3の夏期講習は今日が折り返し地点。半分の日程を消化した。

 

まだ周囲を見てから動き出す生徒がいる。

 

自分の物差しで行動していない。

 

自分自身の勉強として捉えて行動し続けることが重要。

 

自分の勉強だ。周りに合わせて行動する必要はない。ここは学校の教室ではないのだ。

 

もっと自分の物差しを意識しなければならない。その物差しが自分自身を成長させるはずだ。

 

今日も最後にそんな話をした。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:30
-, -, pookmark
もう一息、なんだけどな

本日夏期講習は午後に中3の7日目、夜に中1・2のターム7。

 

中3国語は今日の小説の問題で現代文についてはひと区切りで、明日から2回に分けて古文読解をテーマにする。

 

中3数学は今日から2乗に比例する関数の単元に入った。

 

何とか夏期講習中にこの単元を学習し終えようと考えている。

 

 

そして夜の中1・2。

 

それぞれの課題に頑張って取り組んでいるのはよくわかる。

 

昨日は全然やる気の見えない生徒もいたが、今日はそんなこともなく取り組んでいる。

 

しかし、いかんせん集中が続かない。時間的にも、習得する量としても、もう一息なんだけど。

 

中1が多いせいもあるのかもしれないが、中2も良いとは言えない。

 

長時間集中して勉強し続けることに慣れていないのだと思う。

 

60分を3ラウンド。

 

3コマめはちょっと教室の雰囲気が緩んだ気がする。

 

率直に言ってしまうと、普段から真面目に勉強しているんだろうなと思われる生徒たちは、集中力の低下があまり目立たないのも事実だ。

 

結局普段から勉強を継続しているかが大きな分かれ目となる。

 

生徒たちを見ていて、今日はそんなことを考えていた。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:40
-, -, pookmark
そして講習は続く

本日夏期講習は午後に中3の6日目。夜は中1・2のターム7。

 

平常授業が今日から休みなので、授業は講習のみで日程が進んでいく。

 

中3夏期講習は数学が次回から二乗に比例する関数に入る。

 

もう少し中1・2の復習を手厚くカバーしたかったが、思ったよりも消化できなかったのが残念ではある。

 

ただ、12月までの残された日程を考えると、もう進んでいかないと間に合わなくなる。

 

ほかの科目では、英語と国語は順調に予定を消化している。

 

理科と社会は若干遅れ気味だ。

 

ここ数日書いているように、授業中の生徒たちの反応はまだ鈍い。

 

少しずつ良くなっている気もするが、周りを見て動き出すような生徒もまだいる。

 

中3夏期講習の日程も中盤戦に入っていく。

 

疲れも多少出てくる時期だが、ハードに勉強して乗り切ってほしい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:42
-, -, pookmark
さて一段落

本日小学算国、中3。

 

中3は英語をカットして数学を2コマ。

 

2次方程式の応用問題をじっくり扱った。

 

前半は動点の問題のシンプルなもの。後半は一次関数と図形の融合問題。

 

どちらも例題をていねいに解説した後、その例題をもう一度自力で解いてから練習問題に入るという流れだった。

 

ただ、夏期講習の授業中に見えていた弱点が、そのまま今日も現れている。

 

とにかく手が動かない。

 

長さ、座標、式、そういったものをできるだけ多く書き込んでいくことで、図やグラフに解法が浮かんでくるはずなのに、いつまでも図とにらめっこしている生徒がまだいるのが悲しい。

 

何度でも何度でも同じことを言い続けなければならないのだろう。

 

それもまた、こちらの仕事なのだと言わざるを得ない。

 

さて、ここまでで二次方程式の単元は終了。

 

次は2乗に比例する関数の単元だが、この単元は日曜日からの夏期講習の数学の時間でどんどん進めていくことにしている。

 

 

 

 

ということで明日からは平常授業は木曜日までお休み。

 

金曜日から再開する。

 

夏期講習は予定どおりに実施だ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark
ちょっと大変かも

本日平常授業は小学算国、中2、高校生。夏期講習は中3の5日目。

 

中2英語はprogram6の文法解説。不定詞の形容詞的用法について。

 

前回解説した副詞と形容詞のおさらいをもう一度してから不定詞の形容詞的用法へと話を進めていく。

 

基本的な形式ならば、ある程度何とかなるところまでにはなった。

 

次回は3用法をまとめて確認して、一段落としたい。

 

中2数学は連立方程式と一次関数について。

 

要は2直線の交点を求めるという問題だ。

 

最初はグラフを書いて。次は直線の式から交点を求めて。

 

いつの間にか作業スピードが速くなっているので、問題を多めに解くことができた。

 

次回は一次関数の利用についての問題へと進めていく予定だ。

 

 

 

 

中3夏期講習は、数学がちょっと大変な感じになってきた。

 

関数の問題も図形の問題も、手が動かない生徒が出てきている。

 

中3になる前からいた生徒たちはそうでもないが、中3の春から最近にかけて入塾した生徒たちはかなりまずい状況だ。

 

図を書いたり、図に書き込んだりという作業をしないまま、じっとして動かない。

 

これでは数学の問題を解くことはできない。

 

数学の問題に限らず、考えて問題を解くということは、図を書いたり書き込んだりして手を動かすことと同じだ。

 

頭の中で考える以前のところで止まってしまっているのが今の状況なのだ。

 

これは打ち破るのがなかなか大変な感じがする。

 

ちょっと頭が痛い。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
-, -, pookmark
言ったとおりにやらないと

本日平常授業は中1、中3理社オプション。夏期講習は中3の4日目。

 

まずは心配していた天候の状況。

 

朝から何度も天気予報を確認し、なおかつ、もし休講となった場合の日程のシミュレーションを何度も頭の中で繰り返していた。

 

幸い、この近辺では天候が荒れることもなく、夏期講習も平常授業も予定どおり実施することができた。

 

で、中1英語。三単現のsの練習問題をたっぷりと。30分程度で40題を解ききった。

 

次回は三単現のsの否定文と疑問文の解説に入る。

 

中1数学は分数の方程式について。

 

ここはかなりていねいに解き方を確認していくようにしている。

 

間違いにくく、確実に解けるようになる解き方だ。

 

かといって特別なテクニックではなく、原則通りのオーソドックスなものでしかない。

 

それでも、ほとんどの生徒が言ったとおりに解いていく。

 

ただ、一方で、言ったとおりにやらない(できない)生徒がいるのも事実。

 

まずは言われたとおりにやるべきなのだが…。

 

だいぶ詳しく細かくていねいに解説しているので、そのとおりにやらないとなると、こちらとしても手の打ちようがないのが悩ましいところだ。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:07
-, -, pookmark
あしたどうする?

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram5の本文解説のラスト。

 

次回はワークで問題演習の予定。

 

中3数学は2次方程式の文章題、図形がらみのものを扱った。

 

この単元もだいぶ終わりが見えてきた。

 

後もう一息。

 

さて、明日また台風が接近していて、授業の実施について頭を悩ませているところだ。

 

先日の場合は、判断をするための時間的余裕がなかったため、前日のうちに決定したが、今回の場合は午後に中3の夏期講習があるものの、午前中と夕方に考えることのできる時間がありそうだ。

 

そのため今日決定をするのではなく、明日、天気の様子を見て決定していくつもりだ。

 

さしあたって、午後の中3の夏期講習は予定どおり実施するつもりでいる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark