RSS | ATOM | SEARCH
いつかの話の続きを…(その2)

センター試験といえば(その1)

センター試験といえば(その2)

いつかの話の続きを…(その1)

の続き。

まあ、そんな調子で受験校を決めた前期入試は当然不合格。

後期入試も、ちょっとした小旅行のつもりで受験する大学に向かった。

現地で一人暮らしをしている高校の同級生の家に泊めてもらった。

やっぱり緊張感があるわけもなく、

試験当日も、試験会場で直前までスポーツ新聞を読んで、

試験の後は友だちと居酒屋で飲んだ(未成年は飲酒禁止!)。

その後も2、3日滞在してから埼玉に帰った。

合格発表の日もすっかり忘れていて、

昼過ぎまでぐだぐだ寝ていたら、大学からなんか届いたってんで、

親父が起こしに来たんだ。

で、あけてみると、なんと合格!

うっそー!ってほんとに合格!

もう、慌てて支度をして、

もう二度と来ることはないと思っていたその大学に向かい、手続きをして、

不動産屋でアパートを決めて埼玉に戻り、

なんやかやとばたばたと引っ越しして

4月から大学生としてのスタートとなったのでした。

で、クラスの最初のオリエンテーションの時、自己紹介があったんだけど、

「おれ、このクラスの中でセンターの点数、一番低いと思いますっ」

って挨拶したヤツがいてクラスのみんなは大爆笑、

でも、僕の点数はその点数より30点も低かったんだよ…。

恥ずかしくってその時は口に出せなかった。

後でみんなで飲みに行って(未成年は飲酒禁止!)、

酔った勢いで笑い話として葬り去ったのでした。


この間も書いたけど、ほんとにひどい受験生だよなあ。

ぼっちゃん、おじょうちゃん、まねしたらいけねえぜ。

ふうーっ。この話はこれにておしまい。

またねーっ!

author:おかじま, category:時には自分のこと, 19:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。