RSS | ATOM | SEARCH
給食にナンね…
 本日中1、高校生数学。

中1国語は漢字の広場。部首についての単元。

生徒たちはもうちょっと知っているかと思いきや、案外知らないことに驚いた。

「がんだれ」を知らない生徒が多かったところであれっと思ってちょっと詳しめに解説を入れた。

次回からは古文に入る。

中1英語は単語テストを実施したあとにprogram5に入った。

まずは単語チェック。

その中にnan、つまり食べ物のナンが出てきた。私は恥ずかしながらナンは食べたことがないので、生徒たちにそう言うと、みんな「えーっ」と言う。

食べたことあるのが当たり前でしょって感じだ。

で、ちょっと脱線して(またかっ)、生徒たちに聞いてみると、今は給食でナンが出るんだって。

なんかすごいね…。おっとうかつにもだじゃれを…。



定期テストも返却が進んでいて、事情がある花園中以外は英語の点数はみんなわかった。

今のところ全員90点以上。まあ、中1のこの時期なのでそんなにすごいというわけではないが、生徒たちにすれば、勉強をがんばってしっかり結果を出したということ。

この後からはどんどん英語の点数の差は開いてくる。岡島学習塾の英語の強さがだんだん明らかになってくるということでもある。

まあ塾が強いっていうか生徒たちが英語をまじめにたくさん勉強するってことなのだ。

そう、たくさん勉強しないと英語の力はつかない。

地道な反復の多さがかぎを握る。
author:おかじま, category:塾その日その日, 22:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。