RSS | ATOM | SEARCH
昨日は感じなかったけど…
 本日の冬期講習は中3が11日目、国語と英語。中1・2がターム6。

中3生、昨日は感じなかったのだが、今日の授業での様子を見ていると、この年末年始で生活のリズムが崩れてしまった生徒が数人いるようだ。

顔つき、目つきがかなり良くない。

ゲームやテレビなどに浸りきってしまったのだろう。

あるいは眠りまくって睡眠のリズムが崩れているのかもしれない。

この時期に崩れると、もう入試まで立て直すのが厳しいケースも出てくる。

生活リズムの維持あるいは立て直しというのは、お家の方の負担が大きくなるところでもある。

本人だけではなかなか難しい。

高校受験というのはそれぞれの家庭が持つ「家庭力」に大きく左右される入試だ。

「家庭力」ということばは本来存在しないが、何となく言わんとすることが伝わるようなので時々使っている。

その家庭の環境や雰囲気、教育や進路に対する考え方など、いくつかの要素から成り立つものと考えられる。

その中でも生活習慣というのは大きな意味を持つ。

こういう長期の休暇では生徒たちの生活習慣が崩れてしまうことはよくあるのだが、受験生がリズムを崩すのはほんとうに厳しい。

学校が始まってなんとかなればいいのだが、かなり心配だ。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。