RSS | ATOM | SEARCH
勉強法の前に思い出したこと
昨日の記事 で、ある卒塾生のことを書こうとして、

勉強のやり方のほかに思い出したことはいろいろあったんだけど、

結構変わったやつなんだよね。

まず、塾の宿題はまったくやらない。

「自分には必要ない」という何とも傲慢な理由。

授業態度は悪い。座る姿勢も悪いし、

教師が何かおかしなことを言ったらすぐに突っ込む。

中学時代はノートをとっていたけど、高校時代にはノートを持っていなかった。

中3の時には、中学校の先生が受験前の補習を学年全体で実施したときも、

「自分には必要ない」と出席しなかった。

ほんとひどいやつだよな。まさに「オレ流」。

もし今自分の生徒だったら無事に教えていられるかわからない。

こういう「彼」の勉強法がみんなの参考になるのかはわからないのだけど、

まあ、今後ちょっと書いてみようと思う。

author:おかじま, category:ある卒塾生の「勉強法」覚書, 16:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://okajima-juku.jugem.jp/trackback/221