RSS | ATOM | SEARCH
勉強する順番
 「彼」は毎日の勉強の順番もだいたい一定にしていた。

まずは漢字の問題集。解いて丸付けして間違えたものは練習。

次に国語の読解問題。解いて答え合わせ。

数学の問題演習。ここでは基本的なもの。

社会の問題演習。解いて答え合わせして間違えたものは復習。

理科の問題演習。解いて答え合わせして間違えたものは復習。

英語の問題演習。解いて答え合わせして間違えたものは復習。

英単語と熟語の暗記。

数学の難しめの問題を少し。

これでだいたい4時間から5時間コース。




何も特別なことはない。ひたすら毎日繰り返していくだけ。

ただ、順番を見るとわかるとおり、受験当日の科目順を意識して組み立てていたようだ。

また、休憩時間も基本的に50分やって10分休憩。このリズムを絶対に守る。

これも埼玉県の入試の試験時間に合わせていた。

むだに長時間集中しても、結局本番での実力発揮にはつながらないということらしい。50分間で集中を高め、50分間で力を出し切る。休憩してまた次の50分で集中を高める。その繰り返しを意識していた。

定期テストの時のような基礎固めにかける時間が少ないのは、定期テストの勉強を通じて覚えるべきことを丹念に覚え込んできたと言うこともあるのだろう。

問題演習を通じて、暗記の穴をうめることと、覚えたものをきちんと使える状態に整理するということを意識していたのだと思う。

一見単調なのだが、いくつかの工夫というか、「彼」なりのこだわりが隠されていた。

以前にも書いたが、塾生に指示する勉強のしかたは「彼」の勉強法がもとになっている。

だが、定期テスト勉強を通じてしっかり知識を蓄えていたからできたこの勉強法を、そのまま今の受験生に要求はできない。

したがって、今の受験生には、基礎固めのために時間を割くような学習計画にアレンジしてある。

また、昔は英語の長文がかなり短かったし、リスニングもたいした問題ではなかったので、英語の音読は重視していなかった。

ここも変更を加えて、音読重視の英語の勉強にアレンジしてある。


author:おかじま, category:ある卒塾生の「勉強法」覚書, 23:07
comments(0), -, pookmark
Comment