RSS | ATOM | SEARCH
たっぷりくりかえす日
本日小6英語、中2、高校生。

小6英語はアルファベットとローマ字の基本をたっぷり練習。

うちの塾の英語は書く量が多いが、4月はその中でも繰り返し練習が多くなる予定だ。

ここですらすら書けるようにすることで、メインのテキストに入ったときにまごつくことがなくなる。

中2英語はprogram1の本文解説が終了。次回は音読トレーニングの予定。

中2数学は単項式の乗法と除法の問題をたっぷり演習。繰り返し繰り返し解く。

英語の本文解説を早めに終えたので、時間も長くとることができた。

前回休んだ生徒もきちんとこなすことができていたし、ひとまず良かった。

これで計算パートを終えて、次回から次に進むことになる。




単純な繰り返しが必要な時期がどうしても必要な時はあって、そこは生徒たちが集中して取り組まないといけないところだ。

繰り返しを繰り返しに見せないために、少しずつ手を変え品を変え、全く同じメニューにしないというやり方もある。

しかし、あえて単純な反復を徹底させることが重要な時期というのがあるのだ。

その繰り返しの中で生徒たちがつかむものは、そのあとに堅固な礎となる。

 
author:おかじま, category:塾のこと・考えること, 23:00
comments(0), -, pookmark
Comment