RSS | ATOM | SEARCH
53か…

午後になって、訃報が流れてきた。

 

平尾誠二さんが亡くなったというニュースだ。(詳しくはこちらから)

 

自分がラグビーをプレーし始めた頃に、神戸製鋼は日本選手権を連覇中。

 

僕自身のラグビー観に、大きな影響を与えたのは、紛れもなく平尾誠二その人だった。

 

学生時代に、札幌から網走まで、徹夜で車を走らせ合宿を見学に行ったこともある。

 

いろいろなプレーが目に浮かぶ。

 

数年前に、熊谷ラグビー場ですれ違ったのが実際の姿を見た最後だった。

 

一言で言えば、本当に格好いい人だった。

 

ちょっと、いや、大きなショックを受けている。

 

まだ53歳だ。

 

個人的な話になるが、僕の父親も53歳で亡くなっている。

 

そんなこともショックが大きい原因のひとつだ。

 

祖父が43歳で、父が53歳で、若い年齢で亡くなっていることもあり、自分も40を過ぎてから生きることや死ぬことについて、いろいろ考えることが多くなってきた。

 

そんな中で接した訃報だった。

 

授業のことが今日は書けない。

 

RIP Seiji HIRAO 

 

 

author:おかじま, category:時には自分のこと, 22:48
comments(0), -, pookmark
Comment