RSS | ATOM | SEARCH
単語の授業

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram10の基本文テストを実施してからprogram11に入った。

 

まずは単語チェック。

 

ここは初めて過去分詞が出てくるので、それについても軽く解説しながら授業を進めた。

 

最近は、発音記号や品詞についても以前より詳しく説明している。

 

単語チェックだからと言って意味だけ確認すればいいわけではない。

 

意味だけでいいなら生徒に自分で調べさせたほうが、こちらとしても手間が省ける。

 

うちの塾の英語の授業で、わざわざ新出語句の解説で一コマとっているのは、意味だけではなく、他の知識も教え込む必要があるからだ。

 

ここをおろそかにして、ただ暗記しろと言うだけでは中途半端な勉強にしかならない。

 

解説が終わった後はしつこく音読を繰り返して終了。1つの単語につき、今日だけで合計すると9回繰り返して音読している。

 

もちろんただ9回読むのではなく(それではあまり意味がない)、細かく分けて繰り返していく方法で、最終的にトータル9回となっている。

 

ということで、次回から文法解説に入る。

 

中2数学は確率の単元、今日は樹形図をかいて確率を求める基本を解説した。

 

今年の中2は樹形図をかくのにあまり手間取らず、スムーズに授業を進めることができた。

 

次回はサイコロと確率の問題を扱う予定だ。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
comments(0), -, pookmark
Comment