RSS | ATOM | SEARCH
驚き、のち…

本日小6、中3、中2理社オプション。

 

中3の授業メニューはいつもどおり。

 

入試対策問題演習をもりもりと。

 

ただし、今日は少し厳しい話をした。

 

昨日、今日あたりで最後の北辰テストの結果が帰ってきたからだ。

 

例年どおりならば、この第8回は成績が上がる生徒が続出する回だ。

 

だが、結果を見て驚いた。

 

上がっている生徒とその他、つまり成績キープもしくは下がっている生徒の差がくっきり出ていたからだ。

 

教室平均偏差値は、これも例年でいけば年間を通じて56、57くらいで推移するが、今年は55を越えることがなかった。

 

私の指導力不足を指摘するならば甘んじてその意見を受け入れる。

 

それでも、生徒たちには言わなければならない。

 

努力すれば必ず報われるなんてことはない。

 

努力したつもりで、努力している格好をつければ済むものではない。

 

このままの甘い自分で入試に向かい、入試を終えた後に清々しく顔を上げ、胸を張って家路につくことができるだろうか。

 

 

 

 

自分にとっての幸運は、自らの努力でつかむしかないのだ。

 

結果を出すための努力が今はなんとしても必要となる。

 

大げさなのは百も承知。

 

それでも言う。

 

努力は運を支配する

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:05
comments(0), -, pookmark
Comment