RSS | ATOM | SEARCH
甘い取り組み

本日小6、中1。

 

中1英語は教科書をたっぷり音読してからワークの問題演習。

 

次回も基本的には同じ流れで進める予定。

 

中1数学は資料の活用、度数分布表から平均値を求めるのがテーマ。

 

例題から練習問題を数題扱った。

 

今年の中1は意外と計算が速いのにいまさらながら驚いた。

 

私が板書を作って生徒のほうを向くと、もう解き終わってペンを置いている生徒が多い。

 

まあこれはこれでいいことだ。

 

次回は近似値のところを扱う予定。

 

 

 

中1の定期テスト対策、忠告すると復習や解き直しをきちんとやってくるが、忠告しないと復習や解き直しがすぐにいい加減になってしまう。

 

こういう勉強への取り組みはよくない。

 

自分の勉強として、成績を上げるためであったり、力をつけるためであったり、そういった意識から取り組んでないのが明らかだ。

 

指示されたことだけやって(復習・解き直しも指示しているはずだが)、手数のかかることはすっぽかしてしまう。

 

こういうサボり癖がついてしまっていると修正していくのも時間がかかる。

 

こういう勉強への甘い取り組み方が続いているうちはなかなか成績が上がることはないだろう。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:50
comments(0), -, pookmark
Comment