RSS | ATOM | SEARCH
まだトレーニングあるのみ

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の単語テストを実施してから本文解説へ入った。

 

次回は続きで。

 

中2数学は連立方程式の加減法の続き。

 

前回のおさらいをしてから今日の問題に入った。

 

途中のことばを書き入れながら解くようになっているので、解き方自体は安定してきた。

 

単純な計算ミスはちょこちょこ出ていたのが少し気になったくらい。ミスが完全になくなると言うことは難しいが、ミスはできる限り減らせるようにした方がいいのは当然だ。

 

こういう単純な計算ミスはテストにおいては重大なミスになってくるので、あまり軽視はできないということも言える。

 

計算ミスの原因は、自分の持っている力以上のスピードで解こうとしているか、その計算方法そのものの理解不足・習熟不足かのどちらかのことが多い。

 

今日見ていても、両方のケースが散在している。

 

連立方程式に対する理解不足・習熟不足について当てはまるところもあるにはあるが、ミスはもっと単純なところにある。

 

単純なミスを起こす原因は、簡単な計算だからといって、さっと解こうとして+、−の符号をミスしたり、途中式をすっ飛ばしてしまい勘違いを起こしたりしているような場合が多い。

 

計算スピードは中1のときよりもアップしているだから、慌てて解かなくてもいい。ある程度のスピードはすでに身につけている。

 

手順を確認しながら解きすすめられるのが連立方程式の学習のよさだ。

 

自分の計算スピードを上げることは必要だが、越えなくてもいい。

 

手順を正確に。

 

基本の計算ルールを確実に実行することを意識していく。

 

そのトレーニングを越えれば、ミスの少ない計算方法が自動的に実行できるときがやってくるだろう。

 

それまではトレーニングあるのみ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
comments(0), -, pookmark
Comment