RSS | ATOM | SEARCH
わかりやすい結果

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram5の文法解説。

 

いくつかポイントはあるのだが、メインテーマはbe動詞の復習だ。

 

そこにいくつかの新情報を加えて問題を解きすすめていった。

 

次回も問題演習を重ねながらbe動詞の復習を進めていく。

 

中1数学は不等式について。

 

前回の等式の復習をさっとしてから不等式の解説へ。

 

不等号自体は小学生の時に学んでいるが、文字の式が絡んでくるとわかりづらく感じる生徒もいる。

 

不等式自体を解くことは中学生の場合はほとんどない。

 

だが、不等号を使って大小関係を表すことは、関数の変域などではよくあることだ。

 

ある程度は考え方を発展させながら解説を進めておいた。

 

 

 

 

藤沢中の生徒は学年順位まで判明した。

 

藤沢中の1年生の成績は、わかりやすい結果となった。

 

定期テスト対策に真面目に取り組んだ生徒たちは順位を大きく上げた。

 

定期テスト対策の課題を、答を写すなどして適当にやった生徒は順位がどんと下がった。

 

はっきり分かれた。

 

これだけわかりやすく結果に反映されるのも珍しい。

 

答を写してきていた生徒には警告をしていたのだが…。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
comments(0), -, pookmark
Comment