RSS | ATOM | SEARCH
うーん、ちょっと苦しい

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram5の文法解説。前回に引き続きbe動詞の英文を扱っていく。

 

今日はさりげなく生徒がミスしやすそうな問題も混ぜておいたが、案の定引っかかってしまう。

 

実際には基本どおりの考え方でいけるのだが、なんとなく英文を読んだり書いたりしている生徒が多いのでミスが出る。

 

英作文の問題も苦戦している生徒が多かったのは残念。

 

次回は先に進めていくが、何処かで手を打ったほうがよさそうだ。

 

中1数学は文字の式のラスト。

 

式の意味を言葉で表していく。

 

ヒントを多めにして解いていったので、みんな割と楽しみながら解答を作っていったようだ。

 

次回からは方程式に入る。

 

 

 

岡部中のテスト結果も出て、全員の結果が判明した。

 

岡部中の生徒は大きく順位が変動した。

 

10番台に上げてきた生徒もいて、それはそれで良いのだが、時間をかけて勉強していた生徒が順位を落としてしまったのはかなり残念だ。

 

ただ、時間をかけて勉強していたのに結果が出ていないときは、勉強の中身がどうだったかについて、よく省みた方がいい。

 

勉強というのは時間をかければいいのではなく、結果が出るような取り組みを継続することが大切になってくる。

 

例えば、ただ教科書を読むだけ、ただ教科書をノートに写すだけ、これは全く効果がない。

 

読んだら理解したかどうかを問題を解いて確認することは重要だ。

 

教科書をノートに写したり、まとめたりするのは単なる時間つぶしの作業でしかなく、時間の無駄だ。

 

塾としては勉強の時間が無駄にならないように、効率的に勉強できる課題を出している。

 

効率的に勉強を進めなければ、効果が出るだけの勉強量をこなすことはできない。

 

 

 

中1は面談の申込みの〆切が今日だったが、1件も出なかった。

 

こういう学年も珍しい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:18
comments(0), -, pookmark
Comment