RSS | ATOM | SEARCH
自分の夏をつくる
 明日から中3生は夏期講習が始まる。いよいよだ。

一日50分×4ラウンド、これを20日間だ。

5年くらい前なら、「どうだ、多い時間数だろ」って言えたんだけど、最近はこのくらいの講習はけっこうよくあるみたいだ。

特に全国のいろいろな塾のブログを読んでいると、うちなんか時間数が少ないくらいだ。

つまり、ね、うちの塾生にわかってほしいのは、全国の中3生がこの時期勉強を頑張っているってことなんだ。

この辺の中学生は本当にのんびりしている。

夏休みは遊ぶものって思っている中学生がみんなの周りにもいっぱいいるでしょ。

でも、本気で勉強している中3生だっていっぱいいるんだよ。

どう思う?

目指す高校に届かないまま、勉強から逃げて、言い訳だらけの夏にするか。

目指す高校に届くように、勉強に自分から取り組み、勉強しまくる夏にするか。

自分の夏は自分で作るんだ。



この夏頑張るって思ってるかな?

でも待って。

夏頑張るって言ってると、夏休みはあっという間に終わるよ。休んだまま。

一日一日、その日一日、今日頑張るって、そう言って実際に頑張って、毎日積み重ねていかないと。

夏期講習がイベントになってはいけない。

夏期講習は、一日一日、地道にしっかり頑張るための道しるべだ。

その日一日を頑張る。それしかない。

そして、みんなは自分の夏を作り上げる。

author:おかじま, category:つたえたいこと, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。