RSS | ATOM | SEARCH
中1理社オプションスタート

本日小学算国、中3、中1理社オプション。春期講習は午後にターム6。

 

中3英語はprogram1のワーク演習と音読トレーニング。

 

教科書が切り替わってさかのぼるページもないので、音読が(珍しく)短めでワーク演習が長めという構成になった。

 

次回は基本文テストを実施してprogram2に入る予定だ。

 

中3数学は因数分解。共通因数でくくるパターンを扱った。

 

導入を回りくどくしすぎたせいでちょっと生徒の反応が鈍く、練習問題に入ったときの雰囲気があまり良くなかった。

 

これはこちらの責任。失敗した。

 

しばらくしたあとはどの生徒もさっと解けるようになっていたので良かったが、久々に背中に嫌な汗をかいた。

 

次回は乗法公式を利用した因数分解を扱う予定。

 

今日から中1の理社オプションがスタートとなった。

 

社会は地理からスタート。

 

解説していても、やはりまだ中学生らしい反応は出てこない。

 

まだ入学式前だし、仕方がないといえば仕方がないのかも知れない。

 

ただ、だからと言って極端に解説のレベルを下げてしまうと、問題にとりかかったときに壁がやってくる。

 

解説のペースに生徒たちを引っ張り上げて鍛えていく必要があるのだろう。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:50
comments(0), -, pookmark
Comment