RSS | ATOM | SEARCH
この時期だし…

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語は基本文テストを実施した後にワークの問題演習。

 

この単元は取り組んでほしい問題が多いので、次回も問題を解く日にあてる予定だ。

 

中2数学は連立方程式、今回から応用問題に入っていく。

 

応用問題と言っても文章題は次回から。

 

基本の計算問題はまずまずの出来具合なので、文章題への取り組みがどうなるか。

 

高校生は3年生が模試の結果を持ってくる時期だ。

 

今日も結果を持ってきていた。

 

今年の高3生は上位の生徒がいないので、結果表を見ると数字が良くないのは事実だ。

 

だが、ここからの課題がはっきりしているとも言えるので、ここからどれだけ勉強量を増やせるかどうかだ。

 

勉強時間とかページ数とかではなく、単純にやるべきことがまだできていないから、やるべきことをやりきるだけの勉強量を確保しなければならないということだ。

 

高1生たちは、中間テストが終わって高校生として必要な勉強量の多さにちょっとやられ気味だ。

 

学校が無意味に課題を多くしすぎということもあるが、それを差し引いても高校受験の比ではなくもりもり勉強をしなければならないことに気がついてきているはずだ。

 

毎年この時期は、高1生が勉強をきつく感じ始めるものだが、ここで勉強に食らいつくか、あきらめて手を抜いてしまうかの差は大きい。

 

本当に大きい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:41
comments(0), -, pookmark
Comment