RSS | ATOM | SEARCH
しゃきっとしない日

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram4の本文解説に入った。

 

ここは長いリーディングの単元なので、あせらずゆっくり進めていく。

 

定期テストの範囲に入る学校もおそらくないと思われるので。

 

解説自体はいつもどおり、基本的な文法事項を確認しながら進めていく。

 

今日扱った英文では、there were ~の文で主語を取り違えている生徒が数名いたのが気になった。上位陣の生徒でも間違えている生徒がいたので、今後も注意しておきたい。

 

中3数学は根号を含む数の計算、分配法則を利用したものを集中してトレーニング。

 

もうちょっと途中式を書かずに計算を進めてほしいという話を今日もした。

 

その感覚がつかめてきた生徒は少しずつ出てきていて、スピードも正確さもアップしていたように見える。

 

他の基本計算では途中式を書くことを指導しているので、根号を含む式の計算では逆のことを言っているように思えている生徒もいるはずだが、肝心なのはさっと正確に処理ができることだ。

 

いずれにせよ、さらにトレーニングを積む。

 

 

 

今日は朝から天気が悪かったこともあるのか、小学生も含めて生徒たちはシャキッとせず、ちょっとだるそうな感じだった。

 

気温の変動も大きい。

 

中学生は部活の大会を1週間後に控えていることもあって、疲労がたまっている生徒もいるのだろう。

 

中3生にとっては、この1年の中で一番体力的にキツイ定期テストとなる。

 

やるしかないときなのだし、やるべきことをやり続けるしかない。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
comments(0), -, pookmark
Comment