RSS | ATOM | SEARCH
良き手本

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語は単語テストを実施した後にprogram5の単語チェック。

 

be動詞の用法も、ちょっとだけまとめ直すなどして新出語句を解説した。

 

次回からは文法解説の予定。

 

中1数学は文字の式の計算パートのラスト。

 

念のため前回のおさらいから入り、例題を解説、そして確認問題へ。

 

じっくり一題一題、途中の計算過程も含めてていねいに解説した。

 

次回は続きで問題を多めに解きたい。

 

中3理社オプションは、理科・社会ともにテスト前ということで問題演習にあてた。

 

問題を解いているのを見ていると、ただ問題を解いて丸付けをしているだけの生徒が多い。

 

中3のこの時期になってもこなすだけの勉強から脱出できないのは残念きわまりない。

 

たまたま高校生が自習に来ていて、さすがに高校生は勉強のしかたがしっかりしているので、彼女の勉強していた紙を中3生に見せた。

 

間違ったら復習、これが徹底されている。何回も書いたり強調したりするなど、覚えるための工夫をしている。

 

中3生たちは、ちょっと驚いたようだったが、そのやり方をすぐに取り入れた生徒もいた。

 

良い方法があれば、それを即取り入れてみるという姿勢はすばらしい。

 

良い手本が身近にあるという利点がうちの塾にあるのはもちろんだが、その利点を生かせるかどうかは自分自身が成長したいという意欲を持っているかどうかにもよるのだろう。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:52
comments(0), -, pookmark
Comment