RSS | ATOM | SEARCH
スピードの差、あり

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語は単語テストを実施してからprogram6に入る。

 

今回の単語テストは全員が合格。やった−と言うよりもほっとしたというのが正直なところだ。

 

題数も少ない単元だったし、どうなるかと思っていたが、ひとまず安心。

 

次回からは文法解説、三単現のSについて学習していく。

 

中1数学は方程式の解法、移項を用いた解き方。

 

前回の宿題の解説を例題として最初に扱って、そのあとは各自でもりもり問題演習。

 

この時点で各自で解かせると、ときどきでたらめな解き方をしてしまう生徒がいて、その修正に追われることがあるが、今年の中1は解き方は基本どおりにできている。

 

ミスが多い生徒もほとんどなく、各自でもりもりという語感がそのままの授業となった。

 

残る差は解くスピードだけだ。

 

ただ、これは現時点では致し方ないところだ。今年の中1では、うちの塾に来る前によそで中1内容を学習済みの生徒もいるからだ。

 

こうした差も習熟度が各自アップしていけば自然と気にならなくなるだろう。

 

次回からは解き方のバリエーションを増やして力をつけていきたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:12
-, -, pookmark