RSS | ATOM | SEARCH
飛んでいる矢は…

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram6の本文解説の続き。

 

主語と動詞のとらえ方が甘い生徒がまだいるので、そのあたりを解説ではきっちり話す。

 

このページのテーマは不定詞なので、もちろん不定詞についてもきっちり。

 

次回で本文解説はラスト。

 

中2数学はいわゆる動点の問題。基本的なものを扱った。

 

ここは変域ごとに図を書いて、長さなど、必要なことを書き込んで攻略していくのが定石となる。

 

その変域を捉えるのがうまく行かない生徒が多かったのだが、そこのところの解説のしかたを改良を重ねて、生徒たちはだいぶスムーズに変域を捉えることができるようになってきた。

 

変域を捉えることができれば、うちの塾の生徒の場合、動点の問題はある程度難しいものまでうまく解けるようになる。

 

そのための作戦は「飛んでいる矢は止まっている」作戦と、「曲がっているものは引き延ばす」作戦だ。

 

この作戦で、今日もほとんどの生徒が最後の問題も自力で解ききることができるようになっていた。

 

次回は先に進んでいく。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:47
-, -, pookmark