RSS | ATOM | SEARCH
いるかはおるか?

本日中1、高校生。

 

体育祭の中学校があって、欠席が多くなるかと心配していたが、当該中学校の生徒は全員出席。

 

逆に他の中学校の生徒が欠席だった。

 

来週はどうなるか。

 

中1英語は単語テストの後にprogram7に入って単語チェック。

 

オルカ(シャチ)、イルカ、クジラと新出語句に出てくるので聞いてみた。

 

この中で卵産むやついる?

 

いないよね、で、何類?

 

ほ乳類。

 

よくわからん、という反応をしている生徒もいたが、理科の授業ではないので詳しくは解説しなかった。

 

そのあとの代名詞の解説では、メモする手が止まってしまった生徒もいて、久々にこのクラスの悪いところも出てしまった。

 

良くなったり悪くなったり。

 

行きつ戻りつして進歩していくしかないのだろう。

 

中1数学は方程式の文章題の続き。

 

今日も表で問題を整理して解く。

 

前回は表を作ると等式になるところが見えやすかったが、今回は表を作った後に問題文の意味を考えて立式するところがポイントとなる。

 

今回も基本となる考え方は、ある程度パターン化して数量関係が見えやすくした。

 

ただし、こういうパターン化は決定的なものではないので、問題文のとらえどころを見えやすくしたもの、くらいに抑えておいて、生徒たち自身が問題を解き慣れていく中で、パターンに頼らず立式できるように持っていきたいところだ。

 

ただ、文章題がものすごく苦手な生徒には、大きな手助けにはなるはずだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
-, -, pookmark