RSS | ATOM | SEARCH
抜けない意識

本日中1、高校生。午後に中3の理社講座。

 

中1英語はprogram7の単語テスト。

 

単語テスト実施後に数学に入った。

 

中1数学は方程式の文章題、割合に関する問題について。

 

割合の考え方に関して軽くおさらいしてから問題へ。

 

これにて方程式の単元は終了。次回から比例・反比例に入る。

 

 

 

中3理社講座では、欠席ばかりでほとんど学習が進んでいない生徒がいる。

 

いろいろ欠席の理由もあるのだろうが、勉強が後回しになるような意識では到底成績アップは厳しくなる。

 

よその塾から移ってくる生徒に顕著なのだが、勉強ずるということに関してものすごく意識がルーズなのだ。

 

出席率も、宿題への取り組みも、授業中の集中も、音読も、いたるところにルーズさが見え隠れしていて、こちらからするとなんともやるせない。

 

こうした意識というのはなかなか抜けないもの。

 

もちろん、もとからうちの塾にいる生徒だって完璧にこなしているというわけではない。

 

また、「よその塾から」という言い方をしたが、なにもよその塾が悪いというわけでもない。

 

うちの塾からよその塾へ移っていった生徒もまた、同じようにその塾のスタッフに思われているはずだ。

 

結局、成績が上がるかどうかは、その生徒の勉強への取り組みによる。

 

ここで言う勉強への取り組みとは、勉強に対するマインドセット×勉強量と言っていい。なおかつ勉強の質が高まらなければ結果には結びつかないが、どんなに高い質の勉強をこなしても、勉強に対してルーズなままであったり、勉強量が不足したりすれば、成績が上がることはない。

 

勉強に真面目に取り組んで成長すると言うことは、詰まるところ、こうした勉強に対するルーズさをできる限りはぎ取って、やるべきことをやれるように自分をコントロールできるようになるということなのだろう。

 

そうした「自律」を獲得することが、10代後半のひとりの人間としての成長と言えるはずだ。

 

その成長を、この塾という場でつかんでほしいと願いながら日々教室で生徒たちと対している。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:06
-, -, pookmark