RSS | ATOM | SEARCH
横道にそれるときも

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram7の文法解説。目的語を2つとる動詞について。

 

いわゆる第4文型というやつだ。

 

次回は単語テストを実施して本文解説に入る。

 

中2数学は角度の問題。

 

前回解いたものの復習から入ったが、さっと解けるところまで達していないので、もう一度例題から解説して問題を解き直すことにした。

 

まだ三角形の外角がぱっと見えてこないようで、もう少しトレーニングが必要な生徒もいる。

 

次回も続きで進めていく。

 

前回はこのクラス、別解の解説を興味深そうに聞くところをほめたが、今日は逆の現象。

 

英語で、「あげる」「くれる」という言葉遣いの話をしたが、全く興味を示さない生徒が数名いた。

 

もちろん、授業の本筋からは外れていた話題なので、聞いていなくても特に問題はない。

 

だが、授業中の雑談(私の場合、それほど多くはない)は、広い意味で勉強することと、どこかで結びつくような話を多くするようにしている。

 

そういうときに全く興味がなさそうな表情を浮かべてしまう生徒は、なかなか知的な関心が広がっていかないことが多い。

 

その知的な関心こそが、ものを学ぶ土台となるはずだ。

 

横道にそれるときも、そのそれた先から何かをつかみ取れるほうが、知的に豊かになれると思う。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
-, -, pookmark