RSS | ATOM | SEARCH
悩むときだってあるさ

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram7のワーク問題演習。

 

今日はミスが多めだった感じだ。

 

復習の仕方もおざなりになっている部分もあったので、少しだけ復習の仕方については指示を入れておいた。

 

問題演習をしていれば、いつでも全部が正解になることなどは無い。

 

だからこそ復習の仕方で差がついてくるのだ。

 

次回も問題演習の予定。program7の基本文テストは来週土曜日の予定だ。

 

中1数学は変域の話と比例の基本の話。

 

変域については、時に全く理解してくれないクラスがあるので実は心配しつつ導入するのだが、今年はスムーズ。数直線上での表示も大丈夫だった。

 

比例の基本的理解もまずまず。根本となるかなり重要な話もできたのでよかった。

 

 

 

高校生は、夕方に電話があった高3生の相談。

 

学校の友人たちと自分の立ち位置の差でかなり悩んでいたようだ。

 

こういうときは、まずは生徒自身の話を良く聞くようにしている。当たり前と言えば当たり前だが。

 

よほどまずい話でなければだめ出しもしない。

 

今日もよく話してくれた。

 

話しているうちに目に涙が浮かぶ泣き虫だが、今日は号泣はしなかった。

 

まあ、自分の進路だ。悩まないよりは悩んだほうがいい。

 

ちょっと周りに影響されすぎではある。自分の物差しで自分の進路を考えなければ。

 

人生なんてどう転ぶかわからないものだ。

 

逆に言えば、どう転がるかが自分の人生になる。

 

ああしたいこうしたいと思っていてもどうにもならないことだってあるし、自分の固い決意だけが自分の人生を動かすことだってある。

 

将来こうするには、○○するほうがいい、△△が有利だ、といった、一見効率的な選択が、かえって視野や可能性を狭めることだってある。

 

だからこそ、まずは大学で何を学ぶのか、学びたいことから逆算したほうがいい。

 

興味のあることを学ぶようにしないと、大学の勉強は本当に味気ない物になってしまう。

 

まあ、悩むときは悩めばいいさ。

 

あ、一言言うのを忘れた。

 

もっと勉強しなくちゃだろっ!

 

単語覚えろっ!

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:07
-, -, pookmark