RSS | ATOM | SEARCH
単語テストの日。

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram8の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

今回は単語テストを回避するために欠席しようとしていた生徒がいたようだが、お家の方がきっちり塾に送り出してくれた。

 

こういう「逃げ」を覚えてしまうと成績が上がることは絶対にない。

 

単語テストの合格ラインは8割、問題も答も2週間程度前には完全に公開済み、実施日はあらかじめ予告、単語の音読は授業内で毎回6回ずつ反復、こうした条件のもとのテスト実施だ。

 

これほどゆるいテストもないはず。

 

それでも逃げるというのは勉強不足よりももっとたちが悪いのではないか。

 

こんな状態で定期テストの点数が上がらないのは当たり前だ。

 

お家の方も甘やかさずに塾に送り出してくれて良かった。生徒が休むというと何でもかんでもすぐに休ませてしまう家庭もある。

 

どうしても塾に行けないような状態なら休むべきだが、単語テスト回避のための欠席は認めてほしくない。

 

と、ここまで読んで、欠席しても単語テストを次の回に実施すればいいのではないかと思うかも知れない。

 

以前はそうしていたときもあったのだが、そうすると今度は完全に逃げてしまう、つまりずっと欠席を続けまくる生徒や、すぐに退塾する生徒が出てきてしまった。

 

さすがにそこまでになってしまうと、こちらも考えざるを得ない。

 

それで今のように欠席した生徒を追い込まないように変えたのだ。

 

単語テストひとつとっても、どうやっても完璧な制度にならないのが悩ましいところだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:11
-, -, pookmark