RSS | ATOM | SEARCH
さすがに怒った

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram9の文法解説。比較級の文について。

 

最初の段階なので、ある程度は英文の形で当てはめられるようにする。

 

これで最後の英作文までスムーズにいけた。

 

この中2クラスは、予測できないところですっと理解し解きすすめることがある。今日はそういう日だったのかも。

 

次回は最上級の文について。

 

中2数学は今日から平行四辺形についての学習に入った。

 

まずは定義を確認し、そのあと定理の証明へ。

 

こちらである程度誘導しながらだったが証明をやり遂げて、長さや角度の問題へ。

 

これまたスムーズに進むことができた。

 

次回から数回かけて、平行四辺形の性質を利用した証明をひたすら書いていく予定だ。

 

今年の中2生でも流石にちょっとキツイかも。

 

まあでもやるしかない。

 

 

 

今日は藤沢・岡部の生徒は学校のワークの進捗をチェックする日だった。

 

できればテスト範囲は全て終わっていてほしいが、まだ数日あるので終わっていない生徒もいる。

 

こういう、範囲がやりきれていない生徒に対して私が怒ることはほとんどない。

 

今日怒ったのは、読めもしないような字で適当にワークに書き込んであった生徒に対してだ。

 

明らかに手を抜いて、ただ枠を埋めてあれば叱られないと思っている。しかも答を写している。

 

近頃、生徒に対して怒ることは滅多になくなったが、さすがに今日のこのケースは見過ごしておくわけにはいかない。

 

ただ、むなしかったのは、怒った後もその生徒の態度が変わっていなかったことだ。

 

こういう怒り方は疲労感だけが残ってしまう。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:00
-, -, pookmark