RSS | ATOM | SEARCH
as〜asやら平行四辺形やら

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram9の文法解説。いわゆるas~asの文について。

 

前のasと後ろのasは本来違うものだという話は、中学生にはあまり強調しない。

 

この段階では、英文の型に落とし込んで基本的な読み書きができたほうがいいと考えている。

 

何でも詳しく細かく説明すれば良いということにはならない。

 

場合によっては、できる限り詳しく説明することもあるし、細かく教え込むことだってあるのだが、中学生の比較の単元ではそういう教え方はしないというだけだ。

 

もちろん中学生の時だけしか使えないような理解のさせ方にはならないようにするべき。

 

いずれにしても教える側の自己満足にならないように気をつけて指導する内容を考えていくことが必要となる。

 

次回はprogram9の本文解説に入る。単語テストは来週木曜日。花園中の定期テストの終了を待つ。

 

中2数学は今回も平行四辺形の証明。

 

今日扱った問題は、書き始めるまで苦戦していた様子。つまり、図形の中で等しいところを見つけたり、条件を利用して考えたりするのに時間がかかった。

 

書き方自体はかなり安定していて、証明の流れ自体で苦戦することはほとんどない。ちょっとしたところの言葉遣いや話の持っていき方を注意すれば済むくらいだ。

 

次回も平行四辺形の証明を書く。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
-, -, pookmark