RSS | ATOM | SEARCH
ちょっとうれしい

本日平常授業は中1。冬期講習は中3の6日目、科目は理科と数学。

 

中1英語はprogram10の文法解説。過去形の否定文と疑問文の練習問題をたっぷり。

 

その中にbe動詞や三単現のパターンも混ぜておいた。

 

今年の中1は引っかかってミスをする生徒が少なく、基本的ではあるが一定のところまでは動詞の区別がつき、否定文と疑問文のルールもある程度定着していることがうかがえる。

 

次回はもう一回文法解説の時間をとる予定だ。

 

中1数学は今日から空間図形。

 

まずは立体模型を使いながら、基本的な確認をして、正多面体の学習まで進めて終了。

 

次回は最後にちょっとだけ触れておいた展開図について。

 

 

 

さて、今日は年内の中1の平常授業の最終日。

 

最終日ということもあったのか、私のバスに乗っていた中1生がふたりとも「良いお年を」を言って降りていった。

 

こういうことを口にできる生徒は意外と少ない。

 

ちょっとうれしかった。

 

そのうち1人は、小学生の時はあいさつが全くできなかった生徒だ。最近大きな声であいさつできるようになってきたのは気付いていたが、今日みたいなあいさつができるようになるとは。

 

ここのところ、実は精神的に凹んでいたこともあり、おもいがけない良いあいさつをもらって気持ちも落ち着いた気がする。

 

ま、ふたりとも、まだ年内に冬期講習で塾に来るのは内緒。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:21
-, -, pookmark