RSS | ATOM | SEARCH
小学生も本格スタート

本日小学算国、中3。

 

小学算国は今日から本格的に授業を開始した。

 

小学生の算数の最初は、その学年までの学習内容のチェックからスタートする。

 

ここで各自の弱点を割り出し、それぞれの学習メニューを作って弱点を克服できるようにしていく。

 

小学生の国語は漢字の学習からスタート。

 

昨年までの復習からスタートした生徒もいるし、新学年の新出漢字の学習からスタートした生徒もいる。

 

このあたりは前からいる生徒と新入塾の生徒で取り組む内容が異なってくるところだ。

 

いずれにしてもゴールデンウィークまでには新出漢字の学習を終えたい。

 

小学生の授業は昨年までと変えたところがいくつかある。

 

授業そのものの変更はわずかだが、一番大きい変更点は、いわゆる「置き勉」というやつだ。

 

いくつかの学童から直接塾に来る生徒がここ数年増えてきたのだが、そうなると塾の勉強道具を学校に持っていくことになる。

 

それなりに重いから、小学生にはけっこう大変なのと、忘れ物をする生徒が増えてきてしまうことが問題点だった。

 

そのうちに、塾に国語の辞書などを置きっぱなしにする小学生も出てきて、それでもなんとかなるかという目処がついたこともあり、本棚のスペースを空けて、小学生は授業道具を置いていってもいいということにした。

 

もちろん家に持ち帰りたい生徒はそれもOKだ。

 

今日は大部分の生徒が道具を置いて帰った。何か問題点が出るようであればその都度対処し、よりよい方向に持っていきたい。

 

 

 

 

 

 

新中3英語はprogram1の単語チェック。

 

次回から文法解説に入る。

 

新中3数学は多項式と単項式の乗除について。

 

文字が混ざった逆数についてもおさらいして、全体的にはまずまずの出来具合だ。

 

もうちょっとスピードが上がってきてくれればいいが、それは今後の課題になるはず。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:35
-, -, pookmark