RSS | ATOM | SEARCH
中1は初めてのテスト対策スタート。

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram3のワーク問題演習。単語テストの再試も実施した。

 

中1数学は素数の積について。まずは素数の解説から。

 

驚いたことに、ほぼ全員が素数について知っていた。このあいだ中3でやったときとは正反対だ(えっ?)

 

お約束のエラトステネスのふるいもみんなでやってみた。これも中3より上手。

 

素因数分解までくると、さすがに中3よりもぎこちない。累乗の処理などにまだ習熟していないせいもあるのだろう。

 

次回は素因数分解の利用がテーマとなる。

 

 

 

中1も今日から定期テスト対策を開始した。

 

もちろんこれが初めての定期テスト。テストに向けての準備も初めてになる。

 

今日は授業の時間を少し削って、定期テストの準備のしかたと、定期テストをどうとらえて取り組むべきなのかについて話をした。

 

岡島学習塾の定期テスト対策は約3週間をその期間と見積もっている。

 

3週間の中でどう準備をするべきなのか、どのくらい勉強するのか、テスト勉強を頑張るのはどうしてなのか。

 

生徒たちは真剣な表情で話を聞いていた。

 

現実感がまだないはずだから、今日の話が即、行動に出てくるとは思わない。

 

それでも、何も伝えずにただ勉強しろというのもいいとは思えない。

 

生徒たちが通う中学校では、勉強に価値を置かないというのが現実だ。

 

勉強に真面目に取り組むことが軽視され、勉強する人間が肩身の狭い思いをするのが現実なのだ。

 

そんな中でも、うちの塾生は真面目に勉強に取り組む人間になってほしいと切実に思う。

 

真面目に努力することに価値を置き、そうやって自分の進む道を切り開く。

 

斜に構えて人をあざ笑うよりも、自分のやるべきことに没頭できるようになってほしい。

 

単なる定期テストではあるが、ひとつひとつやるべきことに取り組む中で成長していく塾生の姿を見たいと考えている。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:54
-, -, pookmark