RSS | ATOM | SEARCH
英単語やら平方根やら

本日小学算国、中3、中1理社。

 

中3英語はprogram3の単語チェック。

 

ひとつひとつ意味と読み方を確認していく。品詞についても確認。

 

新出語句の中に、さらに説明を加えるべきものがあれば、もちろん説明をする。

 

例えば今日の新出語句であれば、fewと a fewについて。これらについて触れるなら今回の単元には出ていないが littleとa littleについても基本的なところは説明しておくことになる。

 

こうやって教科書に出てくる単語については、時間をとってきちんと解説して音読を繰り返すのが岡島学習塾の英語の授業だ。

 

意味調べなどと言って生徒任せにしてしまうと、かえって効率が悪くなるし、結局、生徒自身が学ぶことが少なくなってしまうので、うちの塾では意味調べはさせない。

 

中3数学は平方根に入った。

 

もうちょっと時間をかけてじっくり解説したかったが、テスト対策の課題の質問が多く、その質問対応に時間がとられてしまった。

 

質問が多く出るようになったこと自体はとても良い傾向なので、そこは問題なし。

 

単純に平方根の説明に時間をとりたかったというだけの話だ。

 

もちろん時間が少ないといっても、手を抜くわけではない。時間の限り進められるところまで説明した。

 

次回以降の授業で繰り返し基本的な易しめの問題を解いてみて、理解を確かなものにしたい。

 

 

 

おまけ。今日の英語の授業で見せた動画。

 

Louis Armstrong - What a wonderful world ( 1967 )

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:39
-, -, pookmark