RSS | ATOM | SEARCH
少しずつ変化する

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の文法解説。have to〜と助動詞のmustについて。

 

同じような意味になるところもあれば、ズレもあるこれら2つの表現を、ていねいにかつ、深入りせずに解説した。

 

基本的な問題で確認して授業はそこまで。

 

次回は接続詞のthatを扱う予定。

 

中2数学は連立方程式の加減法について。

 

なんのために文字を消去するのかを強調しながら解説を進めていく。

 

たんなる手順だけの話になってしまうと、連立方程式の計算は、ほんとうにそれだけになってしまうので。

 

さらに、途中の書き方もていねいに教えていく。

 

書き散らすような計算でやる癖がつくと、ミスが増える傾向にあるのが連立方程式。

 

バカていねいに書く必要もないが、自分が何をしているのか、ある程度は整えて書いていくほうがいい。

 

答だけ出れば良いというところから、少しずつ変化し徐々にステップが上がってくる。

 

答を出すまでの道筋が記述できるようになっていくことが大事になってくるということだ。

 

文字の式の説明問題あたりや、単純な連立方程式のところからギアがチェンジしてくる感じになっている。

 

そのあたりに意識がいくかどうか。

 

変化は少しずつなのだが、このあと数学が得意になるかどうかの分かれ道になっている気がしてならない。

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
-, -, pookmark