RSS | ATOM | SEARCH
そういうところなんだよな

本日の夏期講習は中3の11日目。夜に中1・2のターム9。

 

中3数学は関数と図形の融合問題を扱った。

 

2点の座標から直線の式を求めるところから手が止まっている生徒もいる。

 

しかも先日授業で扱って復習の指示を出しておいた面積を求める問題でも手が止まる。

 

復習していないのが明らかだ。

 

学校選択問題の高校を受験する生徒でさえもそういう復習不足が見られるのは非常に残念。

 

そういうところから差が生じることを痛感してほしい。

 

中3英語はリスニングの問題を昨日に引き続き。

 

問題自体は昨日よりも易しめだったし、解き方のコツはある程度実行してくれていたのでそれほど問題なし。

 

一方で、昨日の授業で話した音声のダウンロードを実際にやってみた生徒が少なかったのは残念。

 

その音声を利用して音読トレーニングをするように話したのだが、実行しなければ何の意味もない。

 

結局そういうところで差が生じるのだ。

 

話を聞いたときにはやる気があったのかもしれない。家に帰ったらやろうと思っていたかもしれない。

 

しかし、結局実行しなければ力はつかない。

 

甘さの残る受験生の有りようは、教えるこちらにとっては焦りとむなしさを感じさせる。

 

そういう自分を未熟だと思う自分にまた苦しさを覚える。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:43
-, -, pookmark