RSS | ATOM | SEARCH
たんごにつぐたんご

本日小学算国、中1、中3。

 

中1英語は単語テストを実施してからprogram9に入って単語チェック。

 

いつも書いている気もするが、中1の英語はほんとうに新出語句が多い。

 

それだけで英語嫌いが続出するのも当たり前だ。

 

一方で、基本的な単語を早く頭にたたき込んでおくのも重要。

 

結局中1の英語は、英単語をきちんと暗記しておくかどうかが土台であり、かつ学力の上下の分かれ目となってしまう。

 

現状を見ていても、中1の最初からうちの塾で学んでいる生徒と、途中から入塾した生徒では単語の暗記量にかなりの差がある。

 

暗記の差が理解の差にもつながってしまうので、最初からの通塾と途中入塾ではものすごい差がついてしまっていることになる。

 

この差を跳ね返すのは並大抵の努力では難しいのも事実で、表面的に、つまり点数的に差がなさそうに見えても、実際の英語の理解度で差があるのだ。

 

長年教えていても、この差を何とかするのは至難の業としかいいようがない。

 

生徒も大変だろうが、こちらとしても大変だ。

 

中1数学は基本の作図。

 

垂直二等分線、角の二等分線の性質を理解したうえで作図に入る。

 

今年の中1は不器用そうにコンパスや三角定規を動かしている生徒が多いのが気になる。

 

何度も何度も基本的な作図だけ繰り返すが、手が止まってしまう生徒もいる。

 

もちろん、ぼーっとしていて説明を聞いておらず、ついてこない生徒は問題外…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:39
-, -, pookmark