RSS | ATOM | SEARCH
休むときは休む

本日中1、高校生。

 

中3自習組は午前9時スタートで途中に理社講座を挟み夜11時まで。

 

今日話したのは休むときは休むということだ。

 

長時間勉強するためには休まなければならない。

 

休憩せずにずっと勉強し続けても、逆にパフォーマンスとしては高まらない。

 

それに、本番の入試では科目間に休憩時間は必ず挟まる。ということはテスト、休憩、テスト、というリズムで自分の集中力のオンとオフの切替ができるようになったほうがいいだろう。

 

ぐっと集中力をあげて、さっと切りかえて、またぐっと集中力を上げる。

 

こうしたことも普段のトレーニングの中で身につけておくべきだ。

 

そういう面から言うと、今年の中3は休み方が下手。どうしても勉強し続けようとしてしまう。

 

ほんとうに、休まず勉強し続けるとアホになるよ、まったく。

 

 

 

で、平常授業。

 

中1英語はprogram9のワーク問題演習。次回は基本文テストを実施してから次に進む。

 

中1数学は前回の続きで、円とおうぎ形の計量。

 

今日は特におうぎ形の問題を多めに。

 

大事なのは円全体をまず考えてからおうぎ形へとつなげていくことだ。

 

おうぎ形単体で弧の長さや面積が求められても、それはただの計算上手というだけになってしまう。

 

今年の中1はそのあたりの理解がきちんとできていたようで、繰り返し基本問題を解き進めることができた。

 

次回は逆に中心角を求める問題に取り組む。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
-, -, pookmark