RSS | ATOM | SEARCH
高等部の案内も配布

本日小学算国、中3、中2理社。

 

ここ数日、塾生には新年度の塾のしおりを配布している。さらに今日、中3には高等部の案内も加えて配布した。

 

こんな時期に高等部?という向きもあるかもしれないが、受験直前には時間を割くのが難しいし、受験が終わってからでは勉強から意識が離れる生徒もいるので、この時期に高等部の案内を配布することにしている。

 

うちの塾の高等部は、卒塾生限定の受け入れとしている。

 

いまのところ、この制限を外すつもりはない。今の高等部の運営スタイルから考えると、高校生になって初めて私や美香先生と知り合って信頼関係を構築して勉強をしていくには無理があるように思えるからだ。

 

もちろん全員が高等部に進むわけでもない。

 

勉強に対する意欲が低い生徒が多いクラスのときには1人も高等部に進まないときもある。

 

大学受験の最後まで在籍し続けるのも毎年2、3人くらいに絞られていく。

 

ただ、大学受験を見据えたときに、高1の最初から大手の予備校に通うメリットはあまりないと考えている。

 

また、大学受験の最後までうちの塾で、というのは相性というものもあるから全員は難しいだろう。

 

であれば、大学受験までうちの塾にいるつもりがなくても(もちろん受験までいてほしいが)最終的に大手の予備校に移るまでは基礎の徹底と学習量の確保という面から、うちの塾で助走期間を取ってほしいと考えている。

 

要はうちの塾から自立して旅立つ時期が中学卒業ではなくて、勉強の目処がつく時点へ後倒ししたほうがいいということだ。

 

そんな考えをこめて今日は時間をとって話をした。


 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:47
-, -, pookmark