RSS | ATOM | SEARCH
ぎりぎりでもなんでも
 志望校を決めるとき、「ぎりぎりで入るよりも、少し余裕を持って入ったほうが高校に入ってからが楽になる」という言い方で志望校を1ランク落とす生徒がいる。

余裕を持って入るってどういうことなんだろうっていつも考えてしまう。

ぎりぎりでも行きたいところに受かったほうがいいのにって考えてしまう。

自分の狭い経験からも、それから多くの卒塾生を見ても、高校受験の時の「ぎりぎり」も「余裕」も、高校入学後は全く関係ないと思うのだ。



高校に入ってからうまくいくのは、受験勉強を真剣にがんばった生徒なんだ。

ぎりぎりでもきちんと勉強習慣と勉強のしかたを身につけて合格すれば、たいていの場合、高校に入った後もがんばってやっていける。

余裕があっても勉強が適当なまま受かった生徒は、高校の勉強について行くのはきつい。

逆も言える。

勉強が適当なままぎりぎりで合格した生徒は、これは本当にきついということになる。



つまり、だ。

受験勉強で大事なのは、まず合格する点数がとれるようにしていくこと。

そして、希望する高校に合格した後にしっかりやっていける勉強習慣と勉強のしかたを身につけることなんだと思う。

ただ合格するだけのためじゃなく、入った後もしっかりやっていけるようにしたほうがいいよね。

高校生活を充実させる鍵のひとつは、受験勉強への取り組みにもあるんじゃないか。

だからこそ今、真剣に勉強しなくては。

言い方は悪いが、ぎりぎりでもなんでも受かればいい。

合格後に生きてくるスキルを身につけるんだ。そうすれば大丈夫。高校生活を充実させる鍵のひとつが手に入る。


author:おかじま, category:つたえたいこと, 23:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。