RSS | ATOM | SEARCH
単語テストの居残りは…

本日小学算国、中3。午後に春期講習、夜に高校準備講座。

 

中3英語はprogram1の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

単語テストは57題もあったので大変そうだったが、ほぼ全員が合格した。

 

中3の場合、国語の時間の漢字テストもあるので、中途半端な準備だと漢字と単語の両方で不合格になってしまうことがある。

 

以前のように単語テストも居残りありでやっていた頃は、漢字テストと単語テストの両方の居残りが重なり深夜までかかってしまったこともある。

 

現在、居残り制度は漢字テストでは継続しているが、単語テストでは原則としてやらないようになった。

 

理由はいろいろあるが、不合格になった生徒の親にけっこうひどい言われようでクレームが何回かあって、ほとほと嫌になってしまったのが一番大きい。

 

まあ、居残りがあろうとなかろうと、やるべきことをやり遂げる生徒になってほしいという考えに変わりはないのだが。

 

中3数学は乗法公式について。

 

昨年度は一気にまとめて教えてからどんどん問題を解かせたのだが、今年は細切れで指導するようにした。

 

今年の生徒の場合は、ひとつひとつの公式を集中してトレーニングすることで定着させるほうがいいと考えたからだ。

 

言い方を変えると、最初から判断を入れられるほど器用なタイプではないということでもある。

 

どこかのタイミングでは公式の見分けが必要になってくるのは当然なのだが、最初から見分けの判断をさせてしまうことでかえって習熟するスピードが遅くなるのはあまり好ましくない。

 

今日のところはひとまず大丈夫そうなので、焦らずとりくんでいきたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
-, -, pookmark