RSS | ATOM | SEARCH
英文法の解説に入る

本日小学算国、中1、中3理社。午後に春期講習。

 

中1英語はprogram2の文法解説。be動詞の導入だ。

 

一気にスピードを上げて説明することは無理な時期なので、基本的な文の形に絞って解説していく。

 

それでも主語、動詞という英文の骨組みはきっちり教えておかなければならない。

 

小学生時代にうちの塾で英語を勉強した生徒たちは理解できているはずだが、よそで英語をかじった生徒には、この主語や動詞という考え方がなかなか通じない。

 

通じないのに簡単だと思って小馬鹿にしているので、英語の基礎がぼろぼろになってしまう。

 

今日もそんな危険が見え隠れしていた。

 

ほんとうに小学生の頃の英語へのアプローチは間違うと大変なことになる。

 

そして間違った英語へのアプローチをしているのが大部分というのが頭が痛い。

 

中1数学は正負の数の加減、メインテーマはかっこを外す計算だ。

 

ここはテキストをほとんど使わず、問題をホワイトボードに板書して進めていく。

 

だいぶ理解が進んだような感触があったのは好材料。

 

最後に交換法則と結合法則にふれて次回への予告として終了。

 

次回は続きで。

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
-, -, pookmark