RSS | ATOM | SEARCH
さっとさっと

本日小学算国、中3、中2理社。

 

中3英語はprogram3の問題演習。次回からprogram4に入る。

 

中3数学は平方根の和と差。

 

簡約化や有理化をしてから加法・減法に持っていく。

 

ここのところ強調するのは、とにかくさっとできるようにすること。

 

さっとできるようにするためにも、平方根の計算では途中式は省けるところは省いていったほうがいい。

 

中1の頃から途中式はきちんと書くと言ってきたのは、ミスをしないためでもある。

 

逆に平方根のところでは、計算していくなかで局所的に簡約化したり有理化したりするので、すべて途中式に書き込んでしまうとかえってミスが増えてしまう。

 

ていねいにやることは大事だが、「バカ」がつくほどていねいにやるのも考えものだ。

 

平方根の扱いは繰り返しトレーニングして、省けるとことと書かなければならないところを自分のものにしてほしい。

 

次回も続きで。

 

 

 

記事とはあんまり関係なく…

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
-, -, pookmark