RSS | ATOM | SEARCH
順位も少しずつ…の巻

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram6の文法解説。不定詞の副詞的用法について。

 

この段階では、あまり複雑なものについては扱わずにシンプルな英文で構造をとらえていくことを主眼として進めていく。

 

今日のところはまずまずといった感じ。

 

次回は形容詞的用法について。

 

中2数学は一次関数の式を求める問題で、2点の座標がわかっているものを扱った。

 

前回の続きにあたるので、変化の割合を求めて1点代入をまずは解説。そのあとに連立方程式を利用した解法を解説した。

 

全ての問題を2つの解法で解きすすめるのはめんどうだったとは思うが、両方ともマスターしておくべき解法だ。手を抜かずにやり遂げてくれたのは良かった。

 

 

 

さて、タイトルにもあるとおり、ほとんどの中学で定期テストの結果が判明してきた。

 

もちろん個人別に見ればアップダウンはある。

 

うれしいのは、今春に入塾した生徒が成績をぐんと伸ばすことができたことだ。

 

そしてもうひとつは、以前の記事にも書いたが、中学校の休校期間をとおして、精神面でもかなり成長したと感じていた生徒が、結果を出してくれたことだ。10位というのはおそらく自己ベストだったはずだ。

 

良いタイミングで結果が出たのは本人にも励みになるに違いない。

 

ただ、大事なのは次。

 

良い結果が連続するのはよくあることではない。

 

次のテストで真価は問われる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:54
-, -, pookmark