RSS | ATOM | SEARCH
三単現のsやら方程式やら

本日小学算国、中1、中3理社。

 

中1英語は三単現のsの文の否定文・疑問文の問題演習。

 

ちょっと間は空いたが、前回解説したところを問題演習によって定着させるのが狙いだ。

 

肯定文から否定文や疑問文へと書き換えるトレーニングは、主語と動詞を把握するにはちょうどいい問題だ。

 

こうした基本問題をさっとできるようになるまで繰り返していくことは大事で、じっくり考えながらひとつひとつ書き上げているようでは正解が書けたとしても実力がついたとは言えない。

 

今日の生徒たちの様子を見ていると、ひとまず及第点が与えられるところまでは来ている。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中1数学は前回に引き続き方程式の計算練習。

 

だいぶスムーズに解けるようになってきている。

 

おもしろかったのは、分数の方程式を通分しながら解いている生徒がいたことだ。

 

しかもさっと解いてきちんと正解を出す。

 

おそらく、分母をはらって解くやり方を忘れたのだと思うが、正解までたどり着くことができているので口を挟まずにおいた。

 

分母をはらうのは、またどこかのタイミングで教えれば良いのだし、そもそも通分して解くのが間違っているわけでもない。

 

教えたとおりにやらないとだめなときもあるが、一方で今日のように筋道が合っていれば別の解き方でも認めたほうがいい場合もあると考えている。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
-, -, pookmark