RSS | ATOM | SEARCH
ちょっとしたところにも

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram5のワーク演習。

 

さすがにこの時期の中3生だ。ほとんどの生徒はもりもり勉強を進めていく。

 

次回は基本文テストを実施する予定だ。

 

中3数学は前回の続きで相似比の基本について。

 

比の扱いが下手な生徒がまだちらほらいるので、その点はちょっと心配だ。

 

比の扱いはある程度は習熟していないと理科でも苦戦する。

 

こうした基本的なところにつまずきを抱えている生徒がいるのが今年の中3クラスの弱点といえば弱点だ。

 

次回は相似条件について学習するが、もうちょっとトレーニングを積みたい。

 

高校生は指定校推薦の応募の時期にさしかかっている。

 

歴代のうちの塾生は推薦を狙う生徒が少ないので、今日は久々に志望理由書の添削をした。

 

うちの塾はサービスが悪いので、志望理由書や小論文などを頭からすべて書いてあげるようなことはしない。生徒自身が書いたものを手直しするにとどめることにしている。

 

今日の生徒も頭を悩ませつつ書いたのだろう。

 

それでも、だいぶまとまった文章が書けるようになっている。

 

構成もまずまずしっかりしているし、何より言葉遣いがおかしいところが少ない。

 

添削もかなり楽だった。

 

急遽塾に来てもらって文章を確認しても、こちらの話が通じるのは成長の証だ。

 

ひどいケースでは文章もめちゃめちゃで、こちらの指摘も全く通じないこともある。

 

今日のようなちょっとしたことにも、その生徒の成長が感じられたのはうれしいひとこまだった。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
-, -, pookmark