RSS | ATOM | SEARCH
eトレに適応する
今日は藤沢中の理科社会テスト対策演習会2日目。

自習に来た生徒も一緒の教室で勉強した。

参加者は少なかったけど、よくがんばりました。

参加者は少なかったけど・・・か。

いつもそうだ。藤沢中の生徒は、この理社テスト演習会への参加率が低い。

藤沢中の生徒たちは、概してeトレをあまり好まない傾向があるようだ。

というか、他の中学校の生徒たちがもりもりこなしていくのに対して、

藤沢の生徒たちはeトレをきちんとこなせない傾向が非常に強いのだ。

これはうちの塾でeトレを導入した当時からの傾向だ。

eトレは自分で読んで理解して、問題を解いてという教材。

受身の姿勢ではこなせない。学習意欲そのものが問われる教材だ。

自分で何かを読んで理解して勉強するという力は、

高校、大学、さらには社会に出てから必要になる。

そうした力をつけていくのにもうってつけの教材なのだが、

なぜ藤沢中の生徒だけeトレにフィットできないのだろう。

問題の根はかなり深いものであるような気がしてならない。

author:おかじま, category:The Words of Sun, 22:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。