RSS | ATOM | SEARCH
さぼりのおもいで
 高校生の頃は毎年、春休み、夏休み、冬休みと、大手予備校の講習会に参加していた。

その頃の大手予備校なので、今のように地元や近辺には存在しないので、大半は都内まで出かけていった。

四谷の怪しい中華料理屋で毎日中華丼を食べたり、ばったり駅で中学高校の先輩にあったり、授業以外にも楽しいことはいくつかあった。

でも、まあ、今だから白状すると、予備校の授業をさぼって出かけるのが一番の楽しみだったりしたのだ。

高校生なのでそんなに金も持っていないので、一日中、神田の書店街をぶらぶらするとか、そんなことばっかりだった。

昼飯を抜いて金を浮かせて映画を見るなんてこともあったが、何せ高校生、食欲も満点なので、吉野家で大盛りを頼むのも楽しみのひとつだったんだよね。

そうそう、地元では豚骨ラーメンを食えるところもそんなになくて、お茶の水駅近くのやすいラーメン屋で豚骨ラーメンを初めて食べたのもこの頃だった。

サボりで出かけて一番時間をつぶせたのが、東京ドームにくっついている野球博物館で、ここにはほんとうによく通った。

ジャイアンツの2軍の試合を外野席で見て、飽きたら野球博物館出しばしのんびりするというのがお気に入りのコースだった。

いろんな展示物や映像があって何度行っても飽きなかったのだ。




まあ、さぼってばかりではなく、勉強もそれはそれで真面目にやったんだけど、なぜかこの時期のことは、予備校の教室ではなく、自分一人でぶらぶら歩き回っていた場所のことをよく思い出す。

だからといって、今、塾の生徒に授業をさぼっていいよなんていうつもりもないんだけどね。

さぼったら許さないんだけどさ。

それでも、ね。

ちょっと横道にそれることも、回り道をすることだってあるんじゃないかなってこと、かな。

author:おかじま, category:時には自分のこと, 22:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。